ドレスのシルエットの秘密に迫る、神戸ファッション美術館で“ドレスの内側”展開催

開催日:2017.10.18-12.26
2017.10.01
神戸ファッション美術館にて、ベーシック展示「ファウンデーション~ドレスの内側~」が2017年10月18日から開催される。本展では、ドレスの輪郭を形作っているファウンデーション(foundation)に注目し、神戸ファッション美術館が収蔵する18世紀のロココからエンパイア、ロマンティック、クリノリン、バスル、アール・ヌーヴォー・スタイル、20世紀のさまざまなドレスのシルエットの内側にある秘密の仕掛けに迫る。


ファウンデーションという言葉は、一般的に「土台、基礎、基盤」ということを意味するものとして思い浮かべるだろう。建築でいえば、基礎となる骨組みといったところ。18世紀から現代までのドレスは目まぐるしく変化していくが、これらのドレスにおいて使用される骨組みのような役割といわれるクリノリン、バスル、コルセットなどは、ファッションの世界におけるファウンデーション。なかでもコルセットは20世紀初頭まで800年ほど使用された女性美を象徴するアイテム。本来は外側に決して出てくることがない、これらファウンデーションとドレス約30点を展示する。

【イベント情報】
ベーシック展示「ファウンデーション ~ドレスの内側~」
会期:2017年10月18日~12月26日
会場:神戸ファッション美術館
住所:神戸市東灘区向洋町中2-9-1
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
料金:一般500円、小中高65歳以上250円
休館日:月曜日、10月10日~17日
※「神戸ゆかりの美術館」、「小磯記念美術館」へは当日入場券の半券提示により割引料金で入館可能
※神戸東灘アートマンス スタンプラリーを11月23日まで開催
※上記料金で特別展示とベーシック展示の両方観覧可能
編集部
  • 「コルセット」1860年頃 イギリス クリノリン 1860年代後半 イギリス  神戸ファッション美術館蔵
  • 「コルセット」 1760-70年頃 イタリア 神戸ファッション美術館蔵
  • 「コルセット」1860年頃 イギリス 神戸ファッション美術館蔵
  • 「コルセット」1880年頃 イギリス 神戸ファッション美術館蔵
  • 「コルセット」1820年代 アメリカ 神戸ファッション美術館蔵
  • 「バスル」1870-75年頃 イギリス 神戸ファッション美術館蔵
  • 「バスル」1883-85年頃 イギリス 神戸ファッション美術館蔵
  • 「コルセット」1770年頃 イギリス 神戸ファッション美術館蔵
  • 「バスル」1870年頃 イギリス 神戸ファッション美術館蔵
  • 「ファウンデーション ~ドレスの内側~」
ページトップへ