マリオの解剖模型も!アーティスト、ジェイソン・フリーニーの個展が銀座で初開催

開催日:2017.09.15-10.05
2017.09.09

東京銀座にあるメグミオギタギャラリー(MEGUMI OGITA GALLERY)では9月15日から10月5日まで、ジェイソン・フリーニー(Jason Freeny)の展覧会「Plastic Surgeon」が開催される。

ヒッピーの子として生まれ、建築インダストリアルデザインの名門校であるPratt Instituteで学び、フリーのデザイナーとして世界をしてきたフリーニー。彼の手掛けたアニメマンガの画面で動き回るキャラクターたちは、二次元から三次元の人形になるとき、中身は空になる。そこにマンガ的な内臓や骨を創造し、人形に中身を与え、プラスチック製のおもちゃのような感覚の解剖学を創り出している。

同展では、一点物のユニーク作品を中心に新作10点、過去の代表作8点をアジア初公開。フェイスブックで製作過程を公開している大作マリオの解剖模型を中心に、日本でもなじみ深いキャラクターも解剖模型となって登場する。また、Mighty Jaxx製のホワイトチョコレートカラーのバニーも世界に先駆けて先行販売される。

イベント情報】
「ジェイソン・フリーニー/Jason Freeny 『Plastic Surgeon』」
会期:9月15日~10月5日
会場:MEGUMI OGITA GALLERY
住所:東京都中央区銀座2-16-12 銀座大塚ビル地下1階
時間:11:00~19:00
休廊日:月曜日曜祝日
上西@HEW
  • “Mario Half” 2017, 48.26 x 30.48 x 21.59cm, vinyl•polyurethane foam•epoxy clay•aluminum rods•acrylic paint
  • “Chocolate bunny” 2017, 17.78 x 6 x 6.5cm, epoxy clay•acrylic paint•aluminum rods
  • “Spongebob” 2014, 24.13 x 16.51 x 16.51cm, epoxy clay•acrylic paint•ABS plastic•metal rod•wood pase
  • “Luke Chueh Bear Self Medicated Master Sculpt” 2013, 17.15 x 5.08 x 10.16cm, vinyl toy•epoxy clay•acrylic paint
ページトップへ