コンラッド・ホテルズ&リゾーツが名古屋に初進出! 「コンラッド名古屋」が栄に2026年開業予定

2022.06.14
三菱地所株式会社とヒルトンは、「コンラッド名古屋」の開業に向けて契約を締結したことをお知らせします。「コンラッド名古屋」は、三菱地所株式会社、日本郵政不動産株式会社、明治安田生命保険相互会社、株式会社中日新聞社が共同所有し、ヒルトンが運営し2026年夏頃の開業を目指します。

▲ホテル外観(イメージ)
ヒルトンのラグジュアリーブランドのひとつである「コンラッド・ホテルズ&リゾーツ」は、現在、世界5大陸に40軒以上のホテルを展開しており、コンテンポラリーなデザインや先進的なイノベーション、キュレーションアートを特徴としており、ローカルや世界の文化に触れることができるサービスをお客様に提供しています。ヒルトンにとって名古屋への進出は、「ヒルトン名古屋」に続く2軒目となり、初のコンラッド進出となります。

「コンラッド名古屋」は、三菱地所株式会社、日本郵政不動産株式会社、明治安田生命保険相互会社、株式会社中日新聞社、株式会社パルコが名古屋の中心街・栄エリアで進める「(仮称)錦三丁目25番街区計画」の施設内にあります。同ホテルは、新たに建設される地上41階建ての複合ビルの10-11階および31-41階に位置します。同ビルは地下鉄栄駅に直結し、ホテルのほか、商業施設やシネマコンプレックス、オフィスが入る予定です。ビジネス街および名古屋城や熱田神宮などの観光名所へのアクセスにも便利な立地にあり、洗練したラグジュアリーな空間とおもてなしで国内外のお客様をお迎えします。

「コンラッド名古屋」は、約50平米のスタンダードルームを中心とした全170室の客室の他、オールデイダイニングやルーフトップバーなどの料飲施設4店舗、ジム、スパ、屋内プール、エグゼクティブラウンジ、また、宴会やビジネスミーティングの需要に対応するため最大約180名を収容できるボールルームや4つの会議室なども備える予定です。当ホテルのデザインには、製造業やクラフトマンシップで知られる愛知県のアートや精巧な職人技を随所に取り入れる予定です。


三菱地所株式会社執行役員中部支店長 小張貴史は、今回の契約締結にあたり、以下のように述べています。

「本計画に、世界的知名度の高いインターナショナルホテルオペレーターであるヒルトンを迎え、最上級ラグジュアリーブランド『コンラッド・ホテルズ&リゾーツ』の展開が決定したことを、大変喜ばしく感じております。名古屋初の外資系ラグジュアリーホテルの展開が、栄地区の更なる活性化、ひいてはリニア開業を控えた名古屋市全体の国際競争力向上に寄与できるものと確信しております。訪れる方皆様が素敵な時間をお過ごしいただける空間になるように計画の推進に努めてまいります」


ヒルトン 日本・韓国・ミクロネシア地区代表であるティモシー・ソーパーは、以下のように述べています。

「1989年の『ヒルトン名古屋』開業以来、ヒルトンにとって名古屋は重要な市場です。名古屋の絶好の立地に受賞歴を誇るコンラッド・ブランドを展開できることをとても嬉しく思います。国内外から観光やビジネスで名古屋を訪れるお客様にコンラッドの体験を提供できる日を心待ちにしています」


また、ヒルトン 日本・ミクロネシア地区開発担当副社長の藤本博久は、以下のように述べています。

「このたび、三菱地所と『ヒルトン沖縄宮古島リゾート』に続き2軒目となる『コンラッド名古屋』の契約を締結することができ、大変光栄に思います。近年国内のホテル市場において、ラグジュアリーブランドの需要は高く、洗練されたラグジュアリー体験を求める世界中のお客様のニーズに応えることができる『コンラッド名古屋』の開業に向けて準備していく所存です」


ヒルトンは世界中に約1億3,300万人の会員を持つゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の高い送客力と日本における長年の運営実績があります。業界をリードするホテル・オペレーターとして経済活動のみならず社会的な活動でも地域社会に良い影響をもたらすことで貢献し、日本および世界中のお客様に満足いただける名古屋の代表的なホテルを目指します。


【ホテル概要】
名称 :コンラッド名古屋
所在地 :名古屋市中区錦三丁目2501番1、2501番2、2514番
建物規模 :地上41階、地下4階、塔屋1階・高さ約211m
敷地面積 :4,866.40㎡
ホテル延床面積:約23,900㎡
客室数 :170 室
共用施設 :オールデイダイニング、シグネチャーレストラン、ロビーラウンジ&バー、ルーフトップバー、エグゼクティブラウンジ、ジム、スパ、屋内プール、ボールルーム(宴会場)、ボードルーム、会議室
着工: 2022年7月1日
竣工: 2026年3月(予定)
開業: 2026年夏頃(予定)

【位置図】

※上記は2022年6月現在の計画で、今後も予告なく変更する場合がございます。


三菱地所について
三菱地所は1937年設立の総合不動産会社です。「まちづくりを通じた社会への貢献」を基本使命に掲げており、東京丸の内に代表されるオフィスや商業施設の開発・賃貸・運営管理をはじめ、住宅の開発・分譲、更には設計監理や不動産仲介、海外事業、エリアマネジメントなど多岐にわたる事業を手掛けており、近年はホテル開発・運営や空港事業のほか、新事業創出やDXにも力を入れています。1890年、まだ原野だった東京・丸の内一帯を購入し、世界有数のビジネスセンターに育て上げてきた歴史があらわすように、当社グループは「デベロッパーマインド」を大切にまちづくりを進めており、まちに住む人、働く人、訪れる人など、まちに関わるあらゆる人、さまざまな空間やサービスに求められる本質的な価値に思いを馳せ、チャレンジを続けています。
また、SDGsを企業活動の将来への成長スキームとして、CSR調達ガイドラインの策定やサプライチェーンマネジメント、国連グローバル・コンパクトへの署名、人権宣言の公表などを行うほか、企業が事業で使用する電気を 100%再生可能エネルギーとすることにコミットする協働イニシアチブであるRE100へも加盟。「三菱地所グループのSustainable Development Goals 2030」も策定してサステナビリティ経営に取り組んでおります。
https://www.mec.co.jp

ヒルトンについて
ヒルトンは、世界122の国と地域に約6,900軒(約110万室)のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、これまで100年以上の歴史で30億人を超えるお客様をお迎えしました。「2021年版 働きがいのあるグローバル企業 世界ランキング」の上位企業として選ばれ、世界有数のESG(環境、社会、ガバナンス)投資指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」で世界的リーダーにも5年連続選出されています。ゲストエクスペリエンスを向上するため、デジタル・キー共有、無料の客室アップブレード事前選択および「コンファームド・コネクティングルーム」機能など業界をリードするテクノロジーを導入しています。18のグローバル・ブランド・ポートフォリオのうち、日本では、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトン、キュリオ・コレクションbyヒルトン、LXRホテルズ&リゾーツの5ブランド・19軒のホテルを展開しています。また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の会員数は約1億3300万人を有し、ヒルトンの公式予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、宿泊や体験などに交換できるポイントを獲得することができます。また、無料のヒルトン・オナーズ・アプリ(https://apps.apple.com/jp/app/hilton-honors/id635150066)から客室の選択、デジタル・チェックイン、デジタル・キー(日本国内では一部のホテルではデジタル・キーは未導入)をご利用いただけます。


編集部
ページトップへ