ドイツのビール祭りを横浜で!今年のオクトーバーフェストは過去最多140種以上のビールにまったりソファ席も

2017.08.12

横浜赤レンガ倉庫イベント広場では9月29日から10月15日まで、本場ドイツに限りなく近い雰囲気を楽しめる秋の風物詩「横浜オクトーバーフェスト 2017」が開催される。

14万6,000人が訪れた前回から16回目となる今回は、オクトーバーフェストのためにドイツ政府から醸造を許されたミュンヘンの6大醸造所である「アウグスティナー」、「レーベンブロイ」、「シュパーテン」、「ハッカー・プショール」、「ホフブロイ」、「パウラーナー」のビールが初めてそろう。

また、バナナやピーチのような甘い香りと、ややスパイシーな風味が全体をまとめ上げた「マイゼルス ヴァイス オリジナル」や、ヴァイスビアを思わせるフルーティーな香りとほどよい苦みのある濃厚な「マイゼル&フレンズ ババリアエール」、ダークチョコレートやエスプレッソのような香ばしさとキャラメルのような甘い香り、クリーミーな泡の「マイゼル&フレンズ チョコポーター」(各税込1,400円)が、いずれも樽生で日本初上陸する。

過去最多となる140種類以上のビールが用意される他、ビールにぴったりのフードも登場。カリーヴルストやフランクフルト、白ソーセージに、盛り合わせ限定のボックヴルストがついた「ソーセージ盛り合わせ」(税込2,000円)や、豚肉のスネ肉を香味野菜とブイヨンでじっくり煮込んだ「アイスバイン」(税込1,200円)が用意される。

今回、初の試みとして、海側の野外エリアにラグジュアリーなソファ席を設置したテントを用意。カクテルやノンアルコールがメインに並ぶ第2会場となる。席数は第1会場と第2会場、併せて3,372席となっている。

さらに、館内連動キャンペーン「レッド ブリック ヘルブスト(Red Brick HERBST)」が横浜赤レンガ倉庫1号館・2号館とレストラン全店で9月16日から10月15日まで行われる。限定デザインの「キャンバスエコバッグ」(税込1,069円)や、ビール刺繍入りの「BEER ハンカチ」(税込864円)、ビアホール定番の「ビアホールプレート」(税込3,974円)などが展開する。

なお、イベント初日はオープニングセレモニーの開催を予定している。

【イベント情報】
「横浜オクトーバーフェスト 2017」
会期:9月29日~10月15日
会場:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
時間:12:00~21:30(土曜日曜祝日は11:00から、9月29日のみ15:00から)※販売は21:00まで
入場料:300円(飲食代別)※中学生以下無料
HEW
  • 「横浜オクトーバーフェスト 2017」会場イメージ
  • 横浜赤レンガ倉庫イベント広場で「横浜オクトーバーフェスト 2017」が開催
  • アウグスティナー
  • レーベンブロイ
  • シュパーテン
  • ハッカー・プショール
  • ホフブロイ
  • パウラーナー
  • マイゼルス ヴァイス オリジナル(税込1,400円)
  • マイゼル&フレンズ ババリアエール(税込1,400円)
  • マイゼル&フレンズ チョコポーター」(税込1,400円)
  • ソーセージ盛り合わせ(税込2,000円)
  • ビアホールプレート(税込3,974円)
  • アイスバイン(税込1,200円)
  • プレッツェル
  • レープクーヘン
ページトップへ