INTERSECT BY LEXUS - TOKYO 夏季限定メニュー「Cotton Ice」、遊び心をくすぐられる新感覚かき氷

2022.06.08
INTERSECT BY LEXUS - TOKYO(以下INTERSECT)は、6月8日より、夏の風物かき氷の提供を開始します。この夏INTERSECTがご提供するかき氷は、氷の上に乗ったふわふわの綿あめが特徴的な「Cotton Ice」です。


思うように外出が出来ず、“家で過ごす時間が長い夏”が続きましたが、今年こそ思い切り夏を楽しんでほしい、という思いから、夏らしさをぎゅっと凝縮した味覚にも視覚にも楽しいかき氷に仕上げました。

まず、目を引くのは、氷の上に乗ったふわふわの大きな綿あめです。京都産ほうじ北海道産ハッカを混ぜあわせた綿あめは、そのまま食べてもおいしく、ほうじ茶の香ばしく心地よい苦みの後に、スッキリとしたハッカの風味が口に広がります。ソースをかけてもかき氷と一緒に食べても、全体の味の調和がとれるよう試行錯誤を重ねて開発しました。

かき氷に欠かせないソースには、定番のいちごと練乳をご用意しました。いちごソースは、国産の夏いちごを4~5個使用しており、濃厚なソースを贅沢にお楽しみいただけます。夏いちご特有の酸味とキレのある味わいが、綿あめの風味を引き立て、東京産の牛乳を炊き上げ作った練乳ソースとも相性抜群です。また、かき氷に添えられている練乳アイスは練乳ソースと同じ牛乳を使用しており、そのまま食べても、かき氷と一緒に食べても、濃厚でミルキーな味わいが口いっぱいに広がります。氷は今年も軽井沢の天然氷を使用。ふわふわで真っ白な氷を、真空二重構造のチタンのに入れてご提供します。

ビーカーに入ったいちごと練乳のソース、スコップに見立てた器で提供される練乳アイスは、夏休みの定番である自由研究を思わせます。思い思いの召し上がり方で、様々な表情を楽しめる、遊び心の詰まった一皿です。

今年は思い切り夏を楽しんでほしい。そんな想いを原点に、一つひとつの素材に丁寧にこだわり、細部に至るまで妥協することのないレクサスのモノづくりの姿勢から生まれたかき氷「Cotton Ice」。この夏ならではの新たな体験と感動を、ぜひINTERSECTでご体験ください。

■オリジナルかき氷「Cotton Ice」1,200円(税込)


この夏、新登場するかき氷「Cotton Ice」は、視覚にも味覚にも楽しい新感覚の綿あめに加え、国産の素材をふんだんに使用したいちごと練乳のソース、INTERSECTオリジナルの練乳アイスを一つのトレーにのせてご用意します。思い思いの召し上がり方で、様々な表情を楽しめる、遊び心の詰まったかき氷です。


綿あめ
ほうじ茶とハッカを混ぜたINTERSECTオリジナルテイストの綿あめです。ほうじ茶の上品な香ばしさと、心地よい苦みの後に、スッキリとしたハッカの風味が口に広がります。

原材料:ほうじ茶(京都産)、ハッカ(北海道産)、上白糖


いちごソース
他の季節に採れるいちごと比べ、すっきりとした酸味が特長の夏いちごを4~5個贅沢に使用。ビーカーから綿あめに注ぐことで、まるで実験をしているようなワクワクする瞬間を楽しんでいただけます。

原材料:夏いちご(宮城県産*)、レモン汁
*ご提供の時期により、産地に変動があります


練乳ソース&練乳アイス
東京産の牛乳を使用したソース&アイス。濃厚でミルキー名味わいは、いちごソースや綿あめと相性抜群です。

原材料:牛乳(東京産)、生クリーム、グラニュー糖、水あめ

■夏季限定メニュー詳細は以下URLをご覧ください。
https://lexus.jp/brand/intersect/tokyo/other/cotton-ice.html


【INTERSECT BY LEXUS – TOKYO 紹介】


「INTERSECT BY LEXUS – TOKYO」は、“都市とつながり、人と人、人とクルマが交わる”というテーマのもと、LEXUSが考えるライフスタイルを体験できるグローバル規模のブランド活動発信拠点。幅広い分野で、LEXUSが考えるラグジュアリーライフスタイルを発信しています。
・住所 :東京都港区南青山4-21-26
・オフィシャルサイト:www.intersect-by-lexus.com/tokyo



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
ページトップへ