夏の東京ミッドタウンには楽しみがいっぱい!朝採れ野菜やフルーツが並ぶマルシェや屋外カフェ

2017.07.02

東京ミッドタウンでは、7月22日、23日の2日間、「ヴィヴル・ド・ビオマルシェ イン東京ミッドタウン(Vivre de BIO Marche in TOKYO MIDTOWN)」を初開催。7月14日からは期間限定の屋外カフェや新店もオープンする。

出店者がこだわりを持って生産した、無農薬で無肥料の野菜やフルーツ、厳選された自然派食品が並ぶ同イベント。1回目となる今回は、果汁を希釈せずに果実をそのまま使用した、ヴィーガンでも楽しめるスーパーアイスを提供する「ショウナンポップス(SHONAN POPs)」や、7月22日限定で植物性の食材を100%使用したヴィーガンバーガーを楽しめる「テラ フーズ(TERRA FOODS)」、有機かつ無農薬栽培にこだわり、味を追求した美味しい野菜を用意する「大泉工場 NISHIAZABU」など、約20店舗が参加する。

また、7月14日から8月31日までは、ミッドタウン・ガーデンに「スミノフ ミッドパーク カフェ(SMINOFF(R) MIDPARK CAFE)」が登場。レモンを半分絞って加えた甘酸っぱさ際立つカクテル「スミノフ フローズン フレッシュ スクイーズドレモネード」(800円)、パイナップルやスイカ、パッションフルーツなど旬のフルーツを使用した期間限定のモスコミュール「スミノフ モスコミュール シーズナルフルーツ」(各900円)、そして、6、7杯分入ったパンチボウル「クランベリー シトラスパンチ」と「グリーン ハーバルパンチ」(各3,500円)を楽しむことができる。

さらに、ガーデンテラス1階には、パリのトリュフ専門店「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ(Artisan de la TRUFF Paris)」が7月14日に、ガーデンテラス3階には、京料理を季節や客の嗜好で変化させる「宮川町 水簾」が8月21日よりオープンする。

【イベント情報】
「Vivre de BIO Marche in TOKYO MIDTOWN」
会期:第1回は7月22日、23日/第2回は8月26日、27日/第3回は9月23日、24日
会場:東京ミッドタウン(外苑東通り沿い ガレリアゲート前)
住所:東京都港区赤坂9-7-1周辺
時間:10:00~16:00(一部22:30まで)
HEW
  • 「ヴィヴル・ド・ビオマルシェ イン東京ミッドタウン」が開催
  • 「ヴィヴル・ド・ビオマルシェ イン東京ミッドタウン」が開催
  • 「ヴィヴル・ド・ビオマルシェ イン東京ミッドタウン」が開催
  • ショウナンポップス
  • テラ フーズ
  • 大泉工場 NISHIAZABU
  • スミノフ ミッドパーク カフェ
  • ボウルパンチ(2種/各3,500円)
  • アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ(7月14日オープン)
  • 宮川町 水簾(8月21日オープン)
ページトップへ