東京ミッドタウンに巨大な移動式コンサートホールが出現!

2017.07.21

東京ミッドタウンが開業10周年を記念し、9月19日から10月4日までミッドタウン・ガーデン 芝生公園にて「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン」を開催する。

伝統あるスイスの音楽祭「ルツェルン・フェスティバル」が、2011年の東日本大震災の復興支援のために企画した移動式コンサートホール「アーク・ノヴァ(ARK NOVA)」。世界的建築家の磯崎新と英国人彫刻家のアニッシュ・カプーアによって制作された、 高さ18m、 幅30m、 奥行36mの巨大なホールとなっている。

2013年から15年にかけて松島と仙台、福島にて展示されていた同ホール。今回は大震災を風化させないという音楽祭の想いに東京ミッドタウンが賛同したことで展示が決定した。

期間中は、内部の一般公開日を設け、被災地で行われたイベントの様子を目にすることができる他、コンサートや映画の上映も行われる。


【イベント情報】
「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン」
会期:9月19日~10月4日
会場:ミッドタウン・ガーデン 芝生公園
住所:東京都港区赤坂9-7
※荒天中止
HEW
  • 宮城県松島町に設置された「アーク・ノヴァ」(2013年)
  • 「アーク・ノヴァ」内観
  • 福島市でアーク・ノヴァに集う人々(2015年)
  • 夜のライトアップ(2013 年)
  • オーケストラ開催の様子(2015 年)
ページトップへ