フードエッセイスト平野紗季子×DJみそしるとMCごはんが語る「新宿の食にまつわるエトセトラ」

2015.09.25

国際色豊かな都市、東京。こと新宿は、バラエティに富んだ街のひとつ。とりわけにおいては、おすすめの一軒を聞かれても、一つに絞るのが困難なほど、多くの飲食店がひしめく新宿。そこで今回は、食を愛して止まない平野紗季子さん(以下、平野さん)とDJみそしるとMCごはんさん(以下、おみそちゃん)に、歌舞伎町随一のディープスポット・上海小吃(シャンハイシャオツー)で「新宿の食にまつわるエトセトラ」を語って頂きました。

■揚げパンは中華のスターフードなのだ!

――今日のお店「上海小吃」は平野さんの気になるお店ということですが、よく訪れるんですか?


平野さん:実は今回で2回目です。一度来たことがあるんですけど、いろんなことが謎すぎて「もう一度行って、あの店の真相を突き止めたい!」って思っていたんです(笑)。

おみそちゃん:私は今日初めて来たんですけど、前々から来てみたいと思っていたから、夢が叶って嬉しいです。ずっと入りたかったものの、店構えの雰囲気もあって、入口の前まで来て怖気づいた過去があり…。だから、「紗季子ちゃんの好奇心の強さは目を見張るものがあるなあ」って再確認させられました。

――今日は豆腐の細切り、蛤の甘辛炒めと揚げパン、四川辛子鶏を選んだのはどうしてでしょう?

平野さん:豆腐の細切りは前に食べておいしかったので。蛤の甘辛炒めは、揚げパンを食べたい! と思ってたらお店の方がすすめてくれました。揚げパンって見た目もかわいいし、スター性ありますよね。

おみそちゃん:このカリカリで中がふわふわの揚げパンを、蛤を煮込んだ汁に浸して食べるのも斬新! しかもこの味、なんだか「ずっとどこかで求めてたのに出合ってこなかった味」って感じがします。やっと出合えた。当においしいです。

■店内に置いてある漫画も無意識にチェックするのだ!

――お二人には、新宿で他にも行きつけの店はありますか?


平野さん:私がよく行くのは「curry草枕」です。玉ねぎをじっくり煮込んだサラサラのカレーなんですけど、硬めに炊いたお米と相性抜群なんです。初めて食べた時、食べてる途中からもう一皿食べたいって思っちゃった。お店に置いてあるカレー漫画も絶妙だし、大好きです。それに「curry草枕」が入っている建物の1階は「模索舎」というハードコアな書店で、そこもすごく面白いです。普段出会えない本ばっかりだし、なぜか模索舎で本を買うとカレーが50円安くなるんですよ。謎の提携ですよね(笑)。

■店の雰囲気にぴったりな店員さんがいるとテンションがあがるのだ!

おみそちゃん:私は古びた喫茶店が好きです。新宿西口の小田急ハルクに「ピース」という喫茶店があるんですけど、ここは店員さんが良い意味でやばいです。例えていうなら、「昔の青年がそのままのスタイルで年を取った」感じなんです。女性の店員さんも、昔イケイケだった感じが滲み出てて。それもあって、店内に足を踏み入れるとタイムスリップした気分になるんですよ。それと、同じく新宿西口にある「珈琲店トップ」もすごく味があって好きですね。

平野さん:ピースの店員さんがやばいっていうの、すごくよく分かる(笑)。新宿は素敵な喫茶店が多いよね。私は伊勢丹会館の「珈琲舎バン」が好きです。ここのお店には、安心感すごくがあるんですよ。ここに来るといつも、ピザトーストだとかメキシカンドッグだとかと一緒にアイスミルクを頼みます。家で牛乳買って飲むより割高だけど、喫茶店で飲むとおいしく感じられるんですよね。

おみそちゃん:安心感っていいよね。私も、新宿で「ここならくつろげる」っていう場所を見つけたくて。今、狙ってるのは「立ち喰い焼き 治郎丸」。まだ行ったことがないんだけど、行くなら、1人でレイトショーを観た後にドキドキの“真夜中1人焼き肉”をしてみたい。新宿ってにぎやかな街だから、どこかで1人になれる場所を求めてる気がします。

■タカノフルーツパーラーの食べ放題はお腹いっぱい食べても罪悪感がないのだ!

――デザートならここ! というお店はありますか?


おみそちゃん:私は新宿のタカノフルーツパーラーです。昔、食器屋さんでOLしていた時、パフェグラスを納品していたので思い出深い店でもあります。タカノフルーツパーラーに行くなら食べ放題を頼みます。だって、食べ放題の夢を、私に見させてくれた店だから。普通、食べ放題ってお腹いっぱい食べ過ぎて、天国から地獄に落ちちゃうでしょ? でもタカノフルーツパーラーでは、いっぱい食べても「なんていいものをたくさん食べたんだろう!」っていう気持ちになれます。

平野さん:私は伊勢丹の千疋屋が行きつけ。街中を練り歩いて、もう獲物をハンティングする気力が残ってないときは、千疋屋に行ってチョコバナナオムレットを買います。一口で癒される大好きな味。新宿三丁目の駅のホームで電車を待つころには、袋から出してかぶりついちゃいます。

平野さんとおみそちゃんがコラボレーションしたイベント「平野紗季子の(食べれない)フード天国」が、9月29日から10月13日まで、伊勢丹新宿店本館2階=TOKYO解放区で開催されます。同イベントに際して、DJみそしるとMCごはんが書き下ろした新曲『THIS IS ISETAN UNDERGROUND』も9月30日に発売になります。ミュージックビデオは深夜の伊勢丹で撮影されたというので、こちらも必見。
松本玲子
  • 【今回のロケ地】新宿は歌舞伎町にある「上海上海小吃(シャンハイシャオツー)」
  • DJみそしるとMCごはんさん
  • 平野紗季子さん
  • ふわふわモチモチの蒸しパンと共に
  • この日、何度も食事に手を合わせていた平野さんとおみそちゃん
  • 真ん中にあるのが蛤の甘辛炒め。この汁を上げパンに浸して食べるのがオススメ
  • 唐辛子と共に揚げた鶏肉はピリ辛でサクサク
  • 豆腐の細切りは、しっとりとした食感と味わいがクセになる
  • 食卓を囲むと、どうしてこんなに会話が弾むのか。食って素晴らしい!
  • 外はカリカリ、中はもちもちの揚げパンは、ちょっと甘みがあって止まらない味
ページトップへ