ヴァージル・アブローがデザインした「LOUIS VUITTON for UNICEF」の新作ブレスレット『シルバー・ロックイット』が発売

2022.04.07
「LOUIS VUITTON for UNICEF 」 パートナーシップの一環として、 ルイ・ヴィトン メンズ アーティスティック・ディレクター ヴァージル・アブローデザインによる「シルバー・ロックイット」ブレスレットの新コレクション2022年4月1日に発売されました。ヴァージル ・ アブローは、 2020年の初コラボレーションに続き、緊急支援が必要な子どもたちをメゾンとユニセフのパートナーシップを通じてサポートし続けるべく 、 2つ目の「シルバー・ロックイット」ブレスレット・コレクションをデザインしていました。

© Louis Vuitton
ヴァージル・ アブローによって再び再解釈された 2022年新コレクションは、初回の「シルバー・ロックイット」コラボレーションを踏襲しながら 同じヴァージル ・ アブローのシグネチャーをあしらっていますが、新たな素材とカラーが採用されています。チェーン、パドロック、ルイ・ヴィトン チャームはナチュラルまたはブラックのチタンで、コードブレスレットはネオンイエロー、レインボーまたはブラックで展開 。

2020年 2 月に発売されたヴァージル ・ アブローによる「シルバー・ロックイット」ブレスレットのオリジナリティ溢れる解釈は、コレクションに新風を吹き込みました。ヴァージル ・ アブローは、彼のシグネチャーである大胆なチェーンを加えて、太めのコードに繋いだのです。シルバーのパドロックと奥側のルイ・ヴィトン チャームが、デザインを完成させます。

2016年以来、ルイ・ヴィトンは「シルバー・ロックイット」ブレスレットおよびペンダント・コレクションの販売を通じ、ユニセフに 1,800 万ドル以上を寄付してきました。ユニセフ支援を継続するため、毎年、「シルバー・ロックイット」ブレスレットの新バージョンを発売 。ヴァージル ・ アブローによる 「シルバー・ロックイット」を 1 製品お買い上げいただくごとに、100ドルがユニセフに寄付されます。

「LOUIS VUITTON for UNICEF 」パートナーシップについて
2016年に開始された「 LOUIS VUITTON for UNICEF 」パートナーシップは、世界中の緊急事態や大災害に迅速に対応するユニセフの緊急プログラムをはじめ、世界中の最も弱い立場にある子どもたちの命を救うことに繋がる人道支援を届けるための活動を行っています。2021 年には新型コロナウイルス感染症の拡大による影響が続くインド、 2020年には大規模な爆発事故に見舞われたレバノン、そして 2021 年には深刻な人道危機が続くアフガニスタンなどへの緊急対応を支援してきました。また、ルイ・ヴィトンは、ボコ・ハラムによる襲撃が続くナイジェリア、 2018 年から 2019 年にかけてのバングラデシュのロヒンギャ危機、内戦が続くイエメンでの緊急事態など、過去 6 年間にわたり、多くのユニセフによる支援プログラムに貢献しています。

【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

#louisvuitton #LouisVuitton #ルイヴィトン



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
ページトップへ