ハイアット、銀座並木通りへ新型ホテル「ハイアット セントリック」を18年初頭に開業

2015.12.25

ハイアットホテルの最新ライフスタイルブランドホテル「ハイアット セントリック 銀座 東京(Hyatt Centric Ginza Tokyo)」が18年初頭、日本に初進出する。

「ハイアット セントリック(Hyatt Centric)」は、15年1月に誕生したハイアットの最新ライフスタイルブランド。ブランドの基理念は“その街の最もエキサイティングな魅力発信源への玄関口”で、先の中心的なホテルとなり、ゲストを魅力的な体験へと誘うことを目的としている。現在、米シカゴとマイアミで展開されており、今後はニューヨークパリなどにも開業する。

18年にオープンする「ハイアット セントリック 銀座 東京」は、銀座の並木通りにある朝日新聞社が所有・開発する地上12階建ての複合ビル「(仮称)銀座朝日ビル」を計画地としており、3階から12階の10フロアで、164の客室、テラス席を設けたダイニング&バーのほか、小規模なイベントスペース、最新のフィットネスを揃えたジムをそなえる。ダイニングエリアは用途に応じて分割や連結が可能で、会議からパーティーまであらゆる用途での使用が可能となっている。

なお、ホテルのインテリアデザインは、「銀座の伝統と革新、その相反するふたつの価値を空間におとしこむ」をコンセプトに赤尾洋平が率いるストリックランドが手掛ける。
HEW
  • ハイアットホテルの最新ライフスタイルブランドホテル「ハイアット セントリック 銀座 東京」が18年初頭、日本に初進出
ページトップへ