どこまでもポール・スミス!ポールのクリエーションの源に迫る展覧会が京都で開幕【Report--1/2】

2016.06.05
ポール・スミスと聞いて何を思い浮かべるだろうか?カラフルな色使いにウィットに富んだモチーフ…。ロンドンカルチャーを映し出し、トラディショナルでありながら革新的。

誰もが知るイギリス生まれのファッションデザイナー、ポール・スミスが、ポール・スミスたる所以を解き明かす展覧会が4日、京都国立近代美術館ではじまった。

■ ポールのクリエーションをかきたてるものとは?

初夏の京都、緑の木々に映える明るいピンクで「HELLO KYOTO」描かれたエントランスから展示はスタートする。今回ビジュアルでメインカラーになっているピンクは、日本の人たちに明るく前向きな気持ちを感じてもらえたらというポール自身の願いからだそう。

paulsmith
展覧会の音声ガイドの声は、ポール・スミスを愛する俳優の松田翔太


最初のブースでは、ポールのコレクションの中から数々の絵画写真が壁一面に展示されている。このコレクションにはアンディ・ウォーホールのような著名なアーティストの作品もあれば、友人や家族、時にポールのファンから送られてきたものも。この展示を通じて、「何でもないものからも、価値を見いだしていくこと」というポール・スミスのクリエーションの根源に流れるメッセージが伝わってくるようだ。

■ ポールのキャリアの「はじまりの場所」

続いては、ポール自身も「この展覧会では、自分のすべてを正直にさらけ出した」と語るように、彼のキャリアがどのようにスタートしたのかを回顧するブースが用意されている。手を大きく伸ばせば反対の壁に触れてしまいそうな3m四方のホワイトキューブ。このサイズこそが、ポール・スミスが1970年にノッティンガムにオープンした1号館のサイズなのだ。来場者はこのキューブに入ることで、ここからポールの物語が広がっていったのだと、フィジカルに体感することが出来るだろう。

そのキューブの奥には、ポール・スミスの最初のプレスルームが再現されている。といっても、このプレスルームはパリホテルの一室。ベッドの上に黒い布を引き、シャツ6枚とニット2枚が置かれ、スーツ2着がクローゼットにかけられている。そう、いまや世界70ヶ国で販売されるポール・スミスも、たった10着のコレクションからはじまったのだ。

paulsmith
ポール・スミスの初めてのショールームはパリのホテルの一室。用意されたのは10着の洋服だった


■ ポールのクリエーションを支える人

彼のルーツを語る上で欠かせない人物がいる。一人は11歳のポールに写真の楽しさを教えてくれたアマチュアカメラマンだった父。会場には、父からポールが譲り受けたカメラと共に、デビッド・ベイリーやマリオ・マスティーノなど著名なカメラマンが手掛けた広告キャンペーンビジュアルが並ぶ。

そして、ポールに服づくりを教えてくれた妻のポーリーン。ポール自身「彼女がいなければ、何も実現できなかったでしょう」と語る。彼女が与えてくれたファッションにおける大切な要素を、過去のビジュアルやスケッチと共に披露している。

paulsmith
ポールと妻ポーリーンとのエピソードが伝わる展示も


続いて、ポールのクリエーションの源へと、視覚的に導いてくれるゾーンへと足を進めてみよう。
Shigematsu Yuka
  • ロンドンのオフィスの壁とその地下に保管されているポールのコレクションから約500点を展示
  • 来日したポール・スミス氏
  • ロンドン・コヴェントガーデンにあるポールのオフィスの完全再現
  • ロンドン・コヴェントガーデンにあるポールのオフィスの完全再現
  • 初めてのショールームはパリのホテルの一室だった
  • 初めてのショールームはパリのホテルの一室だった
  • ポール・スミス1号店のサイズのキューブの中
  • ポール・スミス1号店に立つポール
  • ポール・スミス1号店のサイズのキューブの中
  • ポールから妻ポーリーンへの思いが伝わるコーナーも
  • ポール・スミスのプロモーションビジュアルを展示
  • ポールが父から譲り受けたカメラも展示
  • 世界初公開となるポール・スミスとミニとのコラボレーションカー
  • ロンドンのオフィスの壁とその地下に保管されているポールのコレクションから約500点を展示
  • 展覧会の入口には「HELLO Kyoto」の文字
ページトップへ