無限の可能性を秘めたクラフトビールに山梨・甲府で出合った!【山梨のくらし:アウトサイダーブルーイング】

2016.06.23

発酵デザイナーの小倉ヒラクさんのナビゲートで山梨を巡る「山梨のくらし:発酵めがね」特集の4回目は、クレバーで、クールで、セクシーなクラフトビールを作る山梨・甲府にあるクラフトビールバー「アウトサイダーブルーイング(Outsider Brewing)」のブルワー(醸造士)丹羽智さんを訪ねました。

クラフトビールという言葉を耳にする機会の増えた昨今。クラフトビールの魅力はどこにあるのか、実際にクラフトビールを醸造する現場で教えてもらいました。

■ そもそも、クラフトビールとは…

現在、日本国内には200以上のブルワリーがあると言われています。この背景には、1994年に酒税法が改訂され、年間60リットル以上のお酒を製造すれば酒類の製造が許可されるようになったことがあげられます。この酒税法の改訂を受けて、日本各地で地ビールが作られるようになりました。この地ビールが、日本におけるクラフトビールの最初の一歩という訳です。

ちなみに、大手ビールメーカーのビールは「ラガービール」と言われる系統で、すっきり爽やか、多くの人に好まれる最大公約数的なビールとも言えるでしょう。一方、ブルワーが長年の経験と知恵、そして確かな技で仕込むクラフトビールは、飲み心地だけでなく“味わうビール”とも評されるほど、実に多様な味覚を表現するビールなのです。

■ クラフトビールは、麦芽×ホップ×酵母の無限の可能性を秘めている

さて、ここでビールの原料をおさらいしてみましょう。ビールの原料はシンプルと言えばシンプル。水以外の要素は3つ。

・色あい、甘み、味の要素となる「麦芽」
・香りや苦味の要素となる「ホップ」
・何十種類の中からブルワーが目利きする「酵母」

この3つの要素の組み合わせで、優れたブルワーは数限りないビールを作ることが可能になります。

原料の質に依存する比率の高いワインに比べ、ビールはブルワーのセンスや腕前が問われるお酒だと言われており、丹羽さんも「クラフトビールの味を作るのは、レシピが3割、仕込みの技術が3割、熟成管理の技が4割。日本中どこにいても、どの水を使っても同じ味を作れるのがブルワーの力」と語り、事実、アウトサイダーブリューイングのクラフトビールの醸造に甲府の水道水を使っています。

■ ビールの系統も色々--ベルギー流、ドイツ流、イギリス

ビールにだって、お国柄があります。麦芽とホップのビールしか認めていないドイツ流ビールもあれば、ハーブやフルーツを入れて多様なビールを生み出したベルギー流ビールもあります。丹羽さんに「丹羽さんのビールはどの系統になんですか?」と伺うと、にこやかに「全部だね!」との答えがかえってきました。丹羽さんの手にかかれば流派を越えて、美味しいビールを作ることが可能になるようです。山梨で採れる桃やマスカットベリーAのようなフルーツを含んだビールなど、季節折々のクラフトビールを醸造しています。

■ 自然界のワイルドな酵母からクラフトビールを作る

この日、発酵デザイナー的に小倉ヒラクさんが衝撃を受けたビール製法がありました。それは、純粋培養された工業化された酵母でビールの発酵を促すのではなく、自然界の中からワイルドな酵母を抽出してビールの発酵を促すスーパーワイルドな手法でのビール作りです。このワイルドな酵母というのは、変数の分からないルーキーをイメージすればよいでしょうか。どう変貌するか未知数な酵母であっても「試験醸造はせずに一発勝負で醸造する」という丹羽さん。「クラフトビールの醸造において、一つも手を抜いてもいい工程なんてないんです」と語る丹羽さんにとっては、このワイルドな酵母で作るビールは登り甲斐のある山のような存在なのでしょうか。

そんな丹羽さんがいま取組んでいるビールは、ずばり「和にあうビール」。日本の出汁に合うように椎茸などから抽出した旨味を使ったビールを醸造しています。和食が世界に出ていく時代だからこそ、日本の味覚のフィルターを通したビールを共に味わってみるのも一興かもしれません。

丹羽さんのビールの味が気になる方は、山梨・甲府駅から程近い「アウトサイダーブルーイング」で頂けます。あなたのまだ知らない“無限の可能性を秘めたクラフトビール”に出会えるはずです。


【醸造所情報】
アウトサイダーブルーイング(Outsider Brewing)
山梨県甲府市中央1-1-5ミヤザワビル1階
電話:055-223-2622

【お店情報】
ホップス&ハーブズ(Hops&Herbs)
山梨県甲府市中央1-1-5 ミヤザワビル2階
電話:055-225-2622
Shigematsu Yuka
  • クレバーでセクシーなビールは甲府駅近くのホップス&ハーブズ(Hops&Herbs)で味わえる
  • クラフトビールの原料となる麦芽。香ばしい香りが広がります
  • クラフトビールを醸造するブルワー丹羽智さん
  • クラフトビールを醸造するブルワー丹羽智さん
  • レストランの1階に醸造所があり、このタンクでクラフトビールが作られて行く
  • 丹羽さんによって個性豊かなクラフトビールが醸造されていく
  • 醸造所「アウトサイダーブルーイング」の看板
  • 醸造所「アウトサイダーブルーイング」は甲府駅の程近くにある
  • 醸造所の2階にある「ホップス&ハーブズ」では、いつだって美味しいクラフトビールが味わえる
  • 初めて口にするとその味わいの奥深さに驚く丹羽さんのクラフトビール
ページトップへ