チームラボが茶道に着目、今秋茨城県北芸術祭にて“茶碗に花咲く”新作を公開

2016.06.29

チームラボ(teamLab)が、9月17日から11月20日まで開催される、茨城県北6市町を舞台にした国際的な芸術祭「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」にて、新作を含めた6作品を展示する「チームラボ 小さき無限に咲く花の、かそけき今を思うなりけり」を開催する。

新作「小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々」は、茶を点てると、茶碗の中に花々が生まれ咲いていく作品。コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けるインタラクティブな作品となっており、花は、茶が点てられた茶碗が置かれていたり静止しているとより生まれ、茶碗を持ち上げたり動かしたりするといっせいに散っていく仕組みになっている。また、花は茶碗に茶がある限り誕生と死滅を永遠と繰り返し続け、茶を飲み干すと作品は茶と共に消えてなくなる。

「境界のない群蝶」は、蝶たちが羽の模様を変容させながら空間の中を舞う作品。蝶たちは作品の画面を飛び越え、同じ空間に展示された他の作品の中もシームレスに飛び周り、作品間の境界をなくし、あいまいにしていく。群蝶は、他の作品の中の花が咲いている場所に集まるなど、他の作品の状態に影響を受け、また鑑賞者が触れると死んでいく。

「Nirvana」は、画面全体を数万もの升の形に区切って升目ごとに彩色する「升目画」という特異な表現方法を用いて制作されたもの。仮想の三次元空間上で動植物を立体物として動かしており、三次元空間上の色を画面の升目ごとに分割して彩色している。画面の升目が固定されたまま空間は動いていくため、升目内の彩色は空間とは違う時間軸でうごめく。

これに、木の枝枝や花びら、光がゆっくりと成長したり散ったり消えたりする様子をコンピュータプログラムによってリアルタイムで描き続ける「増殖する生命 II - A Whole Year per Hour, Dark」や、新しい都がつくられて様子を様々な人々の物語が同時に平行して進んでいく様子を描くことで描いた絵巻物語「まほろば」、鑑賞者の影が文字に触れるとその文字がもつ世界が表れ、世界を創り、その文字から生まれたものたちが世界の中で互いに影響し合っていく「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」を加えた6作品が展示される予定だ。

【イベント情報】
「チームラボ 小さき無限に咲く花の、かそけき今を思うなりけり」
会場:茨城県天心記念五浦美術館
住所:茨城県北茨城市大津町2083
会期:9月17日~11月20日
時間:9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日休館)
※茨城県北芸術祭の個別鑑賞券(料金未定)、または作品鑑賞パスポートの提示で入場可能
HEW
  • 「小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々」
  • 「境界のない群蝶」
  • 「境界のない群蝶」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「Nirvana」
  • 「増殖する生命 II - A Whole Year per Hour, Dark」
  • 「まほろば」
  • 「まほろば」
  • 「まほろば」
  • 「まほろば」
  • 「まほろば」
  • 「まほろば」
  • 「まほろば」
  • 「まほろば」
  • 「まほろば」
  • 「まほろば」
  • 「まほろば」
  • 「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」
ページトップへ