8月18日はロバート・レッドフォードの誕生日です

2014.08.18

俳優で映画監督のロバート・レッドフォード(Robert Redford)は1936年8月18日生まれ。アメリカ合衆国・カリフォルニア州出身。

幼い頃に母親が亡くなり、父親の仕事の都合でロサンゼルスに移住。高校卒業後は野球の特待生としてコロラド大学に入学するが、わずか1年で退学してしまう。その後は画家としての道を目指してヨーロッパを放浪していたが、帰国するとアメリカ演劇アカデミーに入学。当初は舞台美術を学んでいたが、やがて俳優志望に転向する。

60年代に入るとレッドフォードはブロードウェイの舞台に出演するようになる。当初は端役ばかりをあてられていたが、やがて頭角を現すと、62年公開の『戦場の追跡』で映画デビュー。63年にはブロードウェイのヒット作『Barefoot in the Park』に出演し、若手俳優としてハリウッドからも注目される存在となる。

69年公開の『明日に向って撃て!』でレッドフォードは、主演のサンダンス・キッド役に抜擢される。すると、映画はアカデミー賞4部門を受賞するなど大成功を収め、レッドフォード自身も英国アカデミー賞主演男優賞を受賞した。その後も、『スティング』や『ナチュラル』など数々の作品に出演し続け、最近では13年公開の『オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~』でゴールデングローブ賞 主演男優賞にノミネートされている。

一方でレッドフォードは映画監督としても活動しており、初めてメガホンを取った80年公開の『普通の人々』は監督賞を含むアカデミー賞4部門を受賞。その後も俳優として活動する傍らで映画を撮り続け、94年公開の『クイズ・ショウ』ではアカデミー監督賞にノミネートされた。

78年には「ユタ・US映画祭」を主催。このイベントは後にサンダンス映画祭と呼ばれるようになり、アメリカを代表するインディペンデント映画祭に成長する。私生活では58年にローラ・ヴァン・ワンジメンと結婚。4人の子供に恵まれるが、88年に離婚した。
HEW
  • ロバート・レッドフォード
ページトップへ