若手監督育てる「ぴあフィルムフェスティバル」、国立近代美術館で開催

2014.08.28

映画祭「第36回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」が東京・京橋の国立近代美術館フィルムセンターホールにて開催される。期間は9月13日から25日まで。

PFFとは、1977年から始まった映画界の新しい才能を発見・育成することを目的とした映画祭。メインプログラムの自主製作映画のコンペティション「PFFアワード2014」は528作品の応募の中から4ヶ月の審査期間を経て選ばれた21作品が上映される。最終日となる9月25日には、審査員を務める、撮影監督の柳島克己、プロデューサーの森重晃、映画監督のヤン・ヨンヒ、内田けんじ、俳優の成宮寛貴らによって入賞作品が発表される。過去には、「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心や、「ヒミズ」の園子温、「舟を編む」の石井裕也など多くの有名映画監督が選ばれている。

その他特別企画として、ドキュメンタリー手法を劇映画にも多様し、映画界に新境地を開いた羽仁進監督の全6作品の特集上映や、ジョン・カーペンター(John Carpenter)監督の「ダーク・スター」やジョージ・ルーカス(George Lucas)のデビュー作「THX 1138」などの全11作品のSF・怪奇特集の上映が企画されている。

更に招待作品部門として、ナビゲーターに犬童一心、パネラーに特撮監督の樋口真嗣、尾上克郎らを招いてのトークショーも行う。また、矢口史靖と鈴木卓爾が続けてきたワンシーン、ワンカットの短編日常ドラマ「ワンピース」プロジェクトが今年で20周年を向かえるにあたり、特別に撮り下ろした新作も上映されるという。

東京を皮切りに、12月13日から京都シネマ、12月19日から愛知芸術文化センター アートスペースA、12月20日から兵庫・神戸アートビレッジセンター、2015年4月から福岡市総合図書館 映像ホール・シネラと順次全国で開催される予定。


【イベント情報】
第36回ぴあフィルムフェスティバル
会場:東京国立近代美術館フィルムセンター大ホール
住所:東京都千代田区北の丸公園3-1
会期:9月13日から9月25日
休館日:月曜日
編集部
  • 第36回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)が開催
  • 審査員を務める映画監督の石井裕也
  • 矢口史靖と鈴木卓爾
ページトップへ