“時間と光”で捉える写真家・山崎博の展覧会が東京都写真美術館で開催

2017.02.04

東京都写真美術館が総合開館20周年を記念して、公立美術館として初めて山崎博の仕事を辿る「山崎博 計画と偶然」展覧会を3月7日から5月10日まで開催する。

同展では長時間露光によって太陽の光跡を視覚化した“HELIOGRAPHY”をはじめとする“水平線採集”や“櫻”のシリーズなど代表的な写真作品と、作家が写真と平行して追求してきた映像作品に新作を含めた約200点もの作品によって、山崎博の歩みを今日的な視点から通覧できる。

山崎は70年代初め、「いい被写体を探して撮る」ことへの疑いから「被写体を選ばずに撮る」ことを模索し、制約のある風景、特徴のない単純な海景といった「与えられた枠組み」の中で方法的な探求を行うスタイルに行き着き、計画性に基づく制作と、写真行為の中で起こる偶然性に大きな特質を持っており、この二つの要素が相互に作用することで作品を成立させている。

同展はそんな山崎の45年以上のキャリアにおよぶ作家の主な作品シリーズを通して、その表現世界の質に触れることができる機会となっている。

イベント情報】
「山崎博 計画と偶然」
会場:東京都写真美術館 2階展示室
住所:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス
会期:3月7日~5月10日
時間:10:00~18:00(木曜・金曜は20:00まで、入館は閉館30分前まで)
観覧料:一般600円(480円)、学生500円(400円)、中高生・65歳以上400円(320円)、小学生以下・都内在住・在学の中学生・障害者手帳所持者とその介護者は無料
※( )は20名以上の団体料金、第3水曜日は65歳以上無料
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌火曜日、5月1日)

対談「山崎博をめぐって」
会場:東京都写真美術館 1階スタジオ
会期:3月25日 北野謙(写真家)×石田哲朗(東京都写真美術館学芸員)
4月16日 金子隆一(写真史家)×石田哲朗(同上)
時間:14:00~15:30
定員:各回50名
※当日午前10時より1階総合受付にて整理券を配布。
※各回とも作家本人の出演予定はなし。
※会期中の第2、第4金曜日14:00より担当学芸員によるギャラリートークがあり、展示解説を行う。
HEW
  • 山崎博 〈CRITICAL LANDSCAPE〉より 1985年 作家蔵
ページトップへ