1月21日はクリスチャン・ディオールの誕生日です

2014.01.21

ファッションデザイナーのクリスチャン・ディオール(Christian Dior)は1905年1月21日生まれ。フランス・マンシュ県・グランヴィル出身。1957年10月24日逝去。

外交官を志し、20年にパリ政治学院に入学。しかし、芸術に強い関心があったため、外交官を諦めアートギャラリーをオープン。ダリやコクトーなど多くの芸術家と親交を深めたが、ギャラリーは財政的問題で閉鎖してしまう。30年代は、生計を立てるためにオートクチュールのスケッチデザインを手掛け、これらが好評だったのを機に服飾デザイナーとしての活動を始める。

46年、パリ・モンテーニュ通り30番地に自身のメゾンを設立し、翌年2月に初のファッションショーを開催。このコレクションで用いた細く絞ったウエストにロングスカートのシルエットは「ニュールック」と呼ばれ、モード界に衝撃を与えた。また、シーズンごとに新しいラインを名づけて発表するというのも彼が最初で、一般大衆やマスコミにも分かりやすいと受け入れられた。48年には香水部門の「パルファン・クリスチャン・ディオール」も設立。

47年から57年までの11年間、パリのオートクチュール界を牽引する存在であったが、52歳の若さで死去。ブランドは、当時21歳だったイヴ・サンローラン(Yves Saint-Laurent)が継承。イヴはその若さでディオールが考えていた新デザインと同じラインを描いていたという。

現在のデザイナーはウィメンズをラフ・シモンズ(Raf Simons)、メンズをクリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assch)が務めている。
編集部
  • クリスチャン・ディオール
  • クリスチャン・ディオール
ページトップへ