10月11日は川久保玲の誕生日です

2013.10.11

ファッションデザイナーの川久保玲は1942年10月11日生まれ。東京都出身。「コムデギャルソン(COMME des GARCONS)」の創始者。

幼稚舎から慶應義塾に入り、同大学文学部哲学科を卒業。旭化成宣伝部に入社。同社を3年で退職し、フリーのスタイリストとして独立。広告写真撮影の仕事で、イメージに合った洋服が見つからなかったため、自分自身で作ったのがきっかけで、以降スタイリストからデザイナー、パタンナー、裁縫までの一連を手掛けるようになる。

69年に、フランス語で「少年のように」という意味の「コムデギャルソン」というブランド名で、婦人服の製造・販売を始める。73年、株式会社コムデギャルソンを設立し、75年に東京で初のショーを開催する。81年にはパリコレクションに初参加した。翌年発表した「黒の穴あきニット」は「黒の衝撃」と呼ばれ、モード界を震撼させた。

その後も「コムデギャルソン・オム・プリュス(COMME des GARCONS HOMME PLUS)」や「コムデギャルソン・シャツ(COMME des GARCONS SHIRT)」「コムデギャルソン・コムデギャルソン(COMME des GARCONS COMME des GARCONS)」「プレイ・コムデギャルソン(PLAY COMME des GARCONS)」などの派生ラインを立ち上げている。先日行われたパリコレでの「コムデギャルソン」14SSショーでは、“服でない服”をテーマに掲げ、注目を集めた。

マスコミからの取材に滅多に対応せず、ランウエイショーの最後にも姿を現さない。私生活では、92年に現在コムデギャルソン・インターナショナルの社長を務めるイギリス人のエイドリアン・ジョフィー(Adrian Joffe)と結婚している。
編集部
  • 「コムデギャルソン」14SS
  • 「コムデギャルソン」14SS
  • 「コムデギャルソン・シャツ」14SS
  • 「コムデギャルソン・オムプリュス」14SS
ページトップへ