「FANCY」に伊勢丹が日本初の公式アカウント、海外に向けオンライン強化

2013.10.23

ニューヨークを拠点とするソーシャルモバイルコマース「FANCY(ファンシー)」が伊勢丹と新たな取り組みを開始する。伊勢丹新宿店をサテライト会場に構え、今秋の開催で4年目を迎える「ISETAN DESIGN WEEK」をオンライン上でも展開。FANCY上に伊勢丹の公式アカウントが開設され、伊勢丹のリビング部門が選定した商品が10月23日より販売される。

伊勢丹のFANCYへの出店は日本における第1号店となり、海外ユーザーに向けてISETANブランドが発信される。今回取り扱われる商品は、プロダクトデザイナー鈴木啓太氏と人気ガラスメーカー「スガハラ」の障子モチーフのガラスタンブラーや、廃材をデザインの力でよみがえらせる「ニューズド・プロジェクト」が手掛ける文具・雑貨インテリア・空間デザイナー尾方釿一氏と仙台伝統工芸「東北工芸」のがコラボしたBEAN STOOLなどがFANCYユーザーに届けられ、今後はリビング雑貨だけではなく、アパレル商品、ファッション雑貨などに拡大される予定。

ファンシー日本法人は今年2月に設立。PC版に加えて、ユーザーはスマートフォンアプリを使って、キュレートされたアイテムをチェックし、購入することができる。2013年10月時点で、世界75ヶ国、1000万人の会員に利用されている。
三橋ゆか里
  • 「FANCY」に伊勢丹が日本初の公式アカウント、海外に向けオンライン強化
  • 廃材をデザインの力でよみがえらせる「ニューズド・プロジェクト」が手掛ける文具・雑貨
  • 尾方釿一氏と仙台の伝統工芸「東北工芸」のがコラボしたBEAN STOOL
  • プロダクトデザイナー鈴木啓太氏と人気ガラスメーカー「スガハラ」の障子モチーフのガラスタンブラー
  • 「FANCY」に伊勢丹が日本初の公式アカウント、海外に向けオンライン強化
  • 「FANCY」に伊勢丹が日本初の公式アカウント、海外に向けオンライン強化
ページトップへ