話題の新店から蚤の市まで。パリの「今」のライフスタイルが垣間見えるお店とは?

2021.10.25
古き良きを重んじるパリジェンヌの精神は、ファッションだけでなくライフスタイルにも表れている。アパルトマンを覗くとアンティーク家具ハンドメイド陶器で彩られ、自然素材のリネンを使ったタオルやベッドシーツが定番。日本でも人気のライフスタイルブランド「メルシー」や「アスティエ・ド・ヴィラット」も変わらず定評ながら、パリには新たなショップが続々とオープンし話題を呼んでいる。“今”のパリの生活が垣間見えるような、ライフスタイルストアや大型百貨店歴史ある蚤の市の様子をお届け。


「マラン・モンタギュ」

©FASHION HEADLINE
今最もパリで話題のブティックといえば、昨年6月にパリ6区にオープンした「マラン・モンタギュ(Marin Montagut)」。イラストレーターオブジェクリエイターのマラン・モンタギュが手掛けたオリジナルの食器やオブジェ、アクセサリーを展開している。ブティックはかつて、椅子の張り替えなどを行う家具のアトリエだった場所で、店内には新旧ミックスの空間が広がる。

©FASHION HEADLINE
マランがペイントを施したグラスやプレート、パフュームキャンドル、グリーティングカード、クッションやスカーフなどが所狭しと並べられた店内は、まるでおもちゃ箱の中にいるようなワクワク感を与えてくれる。カラフルでヴィンテージ調なマランのイラストは、どこか懐かしさと温かみを宿し、使うほどに愛着が湧きそうな品々。

©FASHION HEADLINE
淡いグリーンに染まった店内で商品をディスプレイする家具は、マランがフランスの各地で見つけてきたという、昔の商店で使用されていた古いテーブルや棚。時代を感じさせる家具とアンティーク風のオブジェをミックスさせるのがフランスらしい手法。パーソナライズサービスも設けており、マランが店内で手書きの文字やイラストを描いてくれる。好奇心と乙女心を掻き立てる、イラストレーターのセンスが光るブティックが誕生した。


「サマリテーヌ百貨店」

©FASHION HEADLINE
今年6月に再オープンを果たした「サマリテーヌ百貨店」。1870年創業の歴史ある百貨店は、2005年より建物の老朽化、安全性の問題で閉鎖していたが、大規模な改修工事により再び扉が開かれた。ルーブル美術館やノートルダム寺院からも程近い、ポン・ヌフの目の前に位置しており、ローカルと観光客にとって利便性の高い立地。

©FASHION HEADLINE
見所は、歴史を感じるアール・ヌーヴォーの華麗な階段と最上階のフレスコ画。店内には600ブランドの商品が並び、カフェキャビア・バー、有名シェフが交代でメニューを監修するレストランと飲食店が12軒あり、地下にはスパ施設も併設されている。

©FASHION HEADLINE
ラグジュアリーブランドのショップインショップだけでなく、新進気鋭の若手ファッションブランドもセレクトされており、幅広い年齢層を対象した百貨店というイメージ。地下のコスメティックフロアは欧州最大規模で、フランスでは「サマリテーヌ百貨店」でしか取り扱われていない国外のブランドも多数。特に、オーガニック系のコスメブランドを集めた“Beauté Pure”のコーナーがパリジェンヌの間で人気のよう。ファッションからコスメ、アートまでそろう、生まれ変わった百貨店がパリの新名所として仲間入り。


「蚤の市」

©FASHION HEADLINE
クリニャンクール蚤の市

新しいショップのオープンによりパリの街が変化し続ける一方で、何百年と変わらない商店もある。その代表格が「蚤の市」。パリで最大規模を誇る「クリニャンクール蚤の市」は、毎週末ローカルと観光客で大賑わい! 世界各国のインテリアデザイナーアーティスト、骨董商が集結し、約2,500の商店が軒を連ねる。

©FASHION HEADLINE
可愛らしい雑貨や手芸品、陶器や古着などさまざまな種類のアンティーク品が並んでおり、物との一期一会の出会いが詰まった場所。骨董品としての価値が高いものもあれば、安価で高品質な品物も多く、宝探しのようにお目当の逸品を見つける楽しみは、普通の商店にはない「蚤の市」の最大の魅力。

©FASHION HEADLINE
ヴァンヴ蚤の市

パリの南に位置する「ヴァンヴ蚤の市」では、日用雑貨や衣料品、キッチングッズが多いことから、クリニャンクールよりもローカルに人気のスポット。

©FASHION HEADLINE
物を大切に長く愛用する文化や、歴史を重んじる姿勢など、フランスに根付く精神が一番感じられる場所かも。週末だけ開かれる「蚤の市」は、ローカルにとって日常の一部であり、顔見知りの人々と集う憩いの場でもある。どんなにパリの街並みが変化しても、「蚤の市」は変わらずこれからもずっと愛され続け、ますます歴史を刻んでいくはず。

©FASHION HEADLINE
©FASHION HEADLINE


ELIE INOUE
  • 昨年6月にパリ6区にオープンした「マラン・モンタギュ(Marin Montagut)」
  • 昨年6月にパリ6区にオープンした「マラン・モンタギュ(Marin Montagut)」
  • 昨年6月にパリ6区にオープンした「マラン・モンタギュ(Marin Montagut)」
  • 昨年6月にパリ6区にオープンした「マラン・モンタギュ(Marin Montagut)」
  • 昨年6月にパリ6区にオープンした「マラン・モンタギュ(Marin Montagut)」
  • 昨年6月にパリ6区にオープンした「マラン・モンタギュ(Marin Montagut)」
  • 昨年6月にパリ6区にオープンした「マラン・モンタギュ(Marin Montagut)」
  • 昨年6月にパリ6区にオープンした「マラン・モンタギュ(Marin Montagut)」
  • 2021年6月に再オープンを果たした「サマリテーヌ百貨店」
  • 2021年6月に再オープンを果たした「サマリテーヌ百貨店」
  • 2021年6月に再オープンを果たした「サマリテーヌ百貨店」
  • 2021年6月に再オープンを果たした「サマリテーヌ百貨店」
  • 2021年6月に再オープンを果たした「サマリテーヌ百貨店」
  • 2021年6月に再オープンを果たした「サマリテーヌ百貨店」
  • 2021年6月に再オープンを果たした「サマリテーヌ百貨店」
  • 2021年6月に再オープンを果たした「サマリテーヌ百貨店」
  • 2021年6月に再オープンを果たした「サマリテーヌ百貨店」
  • 2021年6月に再オープンを果たした「サマリテーヌ百貨店」
  • パリで最大規模を誇る「クリニャンクール蚤の市」
  • パリで最大規模を誇る「クリニャンクール蚤の市」
  • パリで最大規模を誇る「クリニャンクール蚤の市」
  • パリで最大規模を誇る「クリニャンクール蚤の市」
  • パリで最大規模を誇る「クリニャンクール蚤の市」
  • パリで最大規模を誇る「クリニャンクール蚤の市」
  • パリで最大規模を誇る「クリニャンクール蚤の市」
  • パリで最大規模を誇る「クリニャンクール蚤の市」
  • パリで最大規模を誇る「クリニャンクール蚤の市」
  • パリで最大規模を誇る「クリニャンクール蚤の市」
  • パリで最大規模を誇る「クリニャンクール蚤の市」
  • パリの南に位置する「ヴァンヴ蚤の市」
  • パリの南に位置する「ヴァンヴ蚤の市」
  • パリの南に位置する「ヴァンヴ蚤の市」
  • パリの南に位置する「ヴァンヴ蚤の市」
  • パリの南に位置する「ヴァンヴ蚤の市」
  • パリの南に位置する「ヴァンヴ蚤の市」
  • パリの南に位置する「ヴァンヴ蚤の市」
  • パリの南に位置する「ヴァンヴ蚤の市」
ページトップへ