ストーブの名品「アラジン」のビームス別注、今年のカラーは墨黒色、藍色、橙色の3型

2021.10.09
株式会社ビームスは、<ビームス ジャパン>と日本エー・アイ・シー株式会社がコラボレーションした『アラジン BEAMS JAPANモデル』を2021年10月8日より先行予約受付を開始し、11月10日に『ブルーフレームヒーター』『遠赤グラファイトヒーター トリカゴ』、12月10日から『ポータブル ガス ストーブ』を販売します。

<ビームス ジャパン>では、2017年より毎年異なるカラー限定コラボレーションモデルを発表し、好評を博してきました。5年目となる今年は『アラジン BEAMS JAPANモデル』として、『ブルーフレームヒーター』より新⾊の“墨黒色”、『ポータブル ガス ストーブ』より新色の“藍色”を発売します。


アラジンブランドの代表作である石油ストーブ『ブルーフレームヒーター』は、誕生から90年以上もの間、そのシンプルな構造を変えずに品質と安全性を向上させているロングセラー商品です。今回別注カラーとして、体を日本書画をイメージした“墨黒”にオーダー。モノトーンのインテリアにはもちろん使う場所を選ばないなじみやすい色で、これまで同様<アラジン>と<ビームス ジャパン>のロゴをプリントしたオリジナル収納カバーも付属します。また新⾊の発売にあわせて、2017年の第1弾コラボレーションカラー“藍⾊”と、2018年発売の“⿏⾊”も数量限定で再販します。


また伝統の『ブルーフレームヒーター』をより便利に、持ち運びやすく扱いやすいものにしたいという想いから誕生した『ポータブル ガス ストーブ』からは、新色として『ブルーフレームヒーター』の別注で最初に登場した“藍色”を別注。“藍色”は勝色ともいわれ、日本の歴史でも古くから大切にされている色。キャンプなどのアウトドアシーンのコーディネートにも差し色になる綺麗なカラーです。


さらに『遠赤グラファイトヒーター トリカゴ』からも好評であった“橙色”を数量限定で発売いたします。日本のさまざまなモノやコトを国内外に発信している<ビームス ジャパン>は、日本の銘品もキュレーションし、時にはアレンジを加えて提案しています。永遠のスタンダード『アラジン BEAMS JAPANモデル』スペシャルコラボレーションの3型がそろう貴重な機会をお見逃しなく。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
ページトップへ