京都の若手職人24人が集結! “京都”にフォーカスした“産地ゴト展”で、金継ぎや竹かご作りを体験

2016.09.03

京都の職人に焦点を当てた「『京職人24人の業と出会う』 ~産地ゴト展 vol.07 “京都”~」が、9月1日から27日まで東京青山のコト・モノ・ミチ(coto mono michi)at TOKYOにて開催される。

人気の“京都”にフォーカスした“産地ゴト展”第7弾となる今回は、日本の伝統産業の次世代を担う24人もの若手職人が京都から集結。会場には実際にその手仕事が見られるブースを設置し、衣住をテーマに週替りで様々な提案を行っていく。

また、竹編みや金彩、絵付けなど、京職人たちによるワークショップも開催される。9月10日に行われる「金彩でアクセサリー&コンパクトづくり」では、型紙を使ってのりを置き、箔や金属粉を接着する一連の行程を体験することが可能。加工した生地はヘアゴム、コサージュ、ブローチ、ピンズなどのアクセサリーとコンパクトに仕上げることができる。

9月11日には、欠けたり、割れてしまったの修復技法である“金継ぎ”を体験できる「金継ぎ体験」を実施。漆を使って接着したり、欠けた部分を補完した後に金の装飾を施すだけで、不良品となったはずの器をそれまでとは違った趣を持つ器に生まれ変わらせることができる。

その他、9月4日には金箔押し体験ができる「金箔を貼ってアクセサリーづくり」が、9月9日には多数ある紐の中から好きな色を選んで、自分だけのオリジナルブレスレットを作る「組紐で花結びブレスレットづくり」が、9月18日には小紋や小花などの図案を元に赤絵の絵付けを体験する「赤絵細描の絵付けで箸置き&豆皿づくり」が、9月24日には京都産の白竹を材料に花器や小物入れなど多用途に使用できる竹かごを製作する「竹花かごづくり」が開催される予定だ。詳細、ワークショップの申し込みについてはオフィシャルサイト(http://note.coto-mono-michi.jp/exhibition-kyoto/)にて。

イベント情報】
「『京職人24人の業と出会う』 ~産地ゴト展 vol.07 “京都”~」
会場:コト・モノ・ミチ at TOKYO
住所:東京都港区南青山5-2-16 青山フレックスA
会期:9月1日~27日
時間:11:00~20:00(9月27日は17:00まで)
休館日:水曜日
HEW
  • 「金箔を貼ってアクセサリーづくり」
  • 「金彩でアクセサリー&コンパクトづくり」
  • 「組紐で花結びブレスレットづくり」
  • 「赤絵細描の絵付けで箸置き&豆皿づくり」
  • 「竹花かごづくり」
  • 「竹花かごづくり」
  • 「竹花かごづくり」
ページトップへ