ファッションへの気持ちを必ず変える、世界に一着のニットに込めた物づくりの精神【対談】中章×早川靖子--2/2

2016.09.12
アキラナカ(AKIRA NAKA)のクリエイティブディレクター中章が追求するファッション性と、アトリエ Manoaのテクニカルニットデザイナー早川靖子の高い技術が組み合わさり、アキラナカのニットは新たなフェーズへと導かれた。

それは、文字にして記せば簡単に成立してしまうが、服として提示することは至極困難な作業である、”纏うだけで女性性に磨きを掛ける”という唯一無二のアイテムを生み出すこと。

この秋冬には、世界に一着しかないニットがアキラナカから販売される。中が、膨大な時間と根気が必要とされるため敬遠してきたと語る、ニット地で構築したワンピースだ。

編み幅も編み柄も異なる生地を、文字通りの匠の技でリンキングさせた、パッと見で手の込みようがわかるド迫力。ファッションに興味のない人が手に取ったとしても「どうやって作ってるの」と嘆息してしまうだろう。ファッション好きであれば思わず「Wow!」だ。

「生地量が多くなれば、ニットはその重みでダレてしまう。でもローゲージだからこそ、圧倒的な迫力が得られる。そこは妥協したくありませんでした」と中は振り返る。

まず、彼が起こしたデザイン画を元に、早川がニットワンピースを構築するパーツを試作することとなった。

nakaakira
ニットワンピースを構築するパーツの施策から、中は“やんちゃ”な編地を選んだと早川は笑う


「この編地を中さんが選んだ段階で『これはアートだ』と思いました。普通のデザイナーは、この柄は選ばないだろうと。これ、けっこうやんちゃな編地なんですよ(笑)。ニット教本を見てカーディガンを作ろうとか思ってる人も、まず選ばない編地ですね。やっぱりデザイナーと作り手、再現する側の視点が違うっていうのは、こういうことなんですよね。デザイナーのイメージは自由で、力強いものです。私たちみたいに“できるかな…”という技術的なことが脳裏にあって、妥協することは選ばないんです」

早川は、中のイメージに沿うように幾つかのパーツを作り、いかにしてそれを繋ぎ合わせるか…。物理的な重さやシルエットバランスを二人で擦り合わせ、方眼紙に編み方と細かな指示をいくつも入れた”設計図”が作られた。

nakaakira
編み方と細かな指示を方眼紙に書き込んでいく。これがニットのいわば“設計図”だ


「早川さんのチームは、それぞれの編み方の技術者、プロフェッショナルがいらっしゃいます。なので、『じゃあここはリブ編みで。リブの次はかぎ針の職人さんにバトンタッチ。途中から棒針の方が引き継ぎます』なんてことができてしまう。それをすべて、早川さんが網羅するという…。改めて、すごい技術なんですよね。普通だったら生産性が悪いとか、やめましょうとか言われるんですけど、早川さんの場合は、最初から無理とは絶対に言わないんです」

そうやって生まれたワンピース。その一着には、本当に様々な人々の想いが詰まっている。

nakaakira
世界でたった一着、圧倒的な存在感のニットワンピースが生まれた


「自慢でもなんでもないんですけど、この一着に出会った人のファッションに対する気持ち、熱量って、絶対変わると思うんです。これに出会って、気に入って、買っていただいて。そして身につけて街に出たら、いつもとは違う光景が広がっているはずです。手に取っていただければ、この迫力に感動していただけると思います」

これは紛れもない職人仕業の賜物だ。中は、日本のモノづくりに宿る精神性を絶やしてしまってはいけないと続ける。

「日本にも、早川さんみたいに編んでは解いて、解いては編んで、一個一個丁寧に作る職人さんは存在します。誇れる部分はいっぱいあるんです。だからそういった細かな手仕事にフォーカスし、魅力を感じる若い人たちが流れ込んできたら、もっと面白くなるなと思いますね」

「ハンドニットに対する興味が、世の中から徐々に薄れていっている」と早川も危惧する。だからこそ、中は早川と手を組み、若い世代を育てていく構想も視野に入れている。

「僕としては、お世話になりっぱなしで、まだ早川さんに恩返しができていないんです。今後、さらに自分たちのブランドが大きくなったら、このハンドニットの文化を伝承するような仕組みを作っていきたい。自分たちのブランドがベースとなって、ニット職人への教育の仕組みを作っていきたいんです」

「ハンドならではの、このズシっとするクチュール感。アキラナカとしては、こういうところにラグジュアリーを求めていきたいと思っています。早川さんと僕が出会って、イノベーションが起こった。この流れを途絶えさせるのはすごくもったいないですからね」

モノづくり国家ーー。日本がそう形容されるのには、理由がある。中の発想と早川の技術が出会い、大きなエネルギーが生まれたように、異なる才能をもった人と人とが同じベクトルを目指すとき、価値観は更新される。

ファッションは待っている。新たな才能が衝突し合い、未来に向かう新たなエネルギーが生まれることを。

【イベント情報】
タイトル:ART KNIT
会期:9月14日から26日
場所:伊勢丹新宿店本館3階=リ・スタイル


前編に戻る。
森下隆太
  • ニット地で構築した世界に一着のニットワンピースが生まれた(12万円)
  • ニット地で構築した世界に一着のニットワンピースが生まれた(12万円)
  • 中が選んだ柄を見て「これはアートだ」と思ったと早川
  • 中が選んだ柄は「けっこうやんちゃ編み地なんですよ」と早川は笑う
  • デザイン画を前に語る中章(左)と早川靖子(右)
  • 中が早川さんと二人三脚で作り上げた16秋冬のニット
  • アキラナカの16秋冬のニットは、中と早川の間での幾度もの往復を経て完成した
  • 中のデザイン画から、早川が編み方や編み手を構成していく
  • ファッションへの気持ちを必ず変える、世界に一着のニットに込めた物づくりの精神【対談】中章×早川靖子--2/2
  • 「早川さんは最初から無理とは絶対言わない」と中
  • 早川は、デザイン画を元に中のイメージに合うパーツを幾つか作ってみるという
  • 目にするとその迫力に圧倒される手編みのニット
  • 「一体、どうやって作ったのだろう?」という問いが沸き上がる
  • 物理的な重さやシルエットなどのバランスを摺り合わせていく
  • 早川のアトリエには中との膨大なやり取りが残されている
  • 早川は作り手の立場から、方眼紙に丁寧に設計図を描いていく
  • 早川は作り手の立場から、方眼紙に丁寧に設計図を描いていく
  • アキラナカ・クリエイティブディレクター中章
  • 早川のアトリエには、色とりどりの毛糸が並ぶ
  • ファッションへの気持ちを必ず変える、世界に一着のニットに込めた物づくりの精神【対談】中章×早川靖子--2/2
  • ファッションへの気持ちを必ず変える、世界に一着のニットに込めた物づくりの精神【対談】中章×早川靖子--2/2
ページトップへ