フルラ青山本店にメンズコレクションの専門フロアが誕生

2014.09.28

フルラFURLA)」は、メンズイン「フルラ ウオモ(FURLA UOMO)」のフロアを青山店の3階に9月27日にオープンした。

14-15AWシーズンにおけるフルラ ウオモのコレクション発売を記念し、デザインや機能性にこだわったメイドインイタリーのビジネスバッグやショルダーバッグ、3WAYトートバックの他、財布やベルトなどデイリーに使えるアイテムを豊富にラインアップ。

「BOSTON」シリーズの「LARGE BOSTON」(9万5,000円から)は、シンプルなデザインとカラーが特徴のボストンバッグで、旅行などでアクティブに活動する男性に向けたもの。両サイドにはポケットを施した他、内ポケットやダブルジップを備えるなど機能面も充実。脱着可能なショルダーストラップも付属している。

「MILITARY」シリーズからは、今シーズンらしいカモフラージュ柄をホース風のカウファーに施した「BAG PACK」(9万5,000円)と「BIG CLUTCH」(5万6,000円)が登場。カジュアルな迷彩柄を落ち着いたカラーで仕上げることで、スタイリッシュでエレガントな雰囲気を演出。「BAG PACK」のハンドルはレザー製で、ハンドバックとしても使用出来る。

「FUNCTIONAL BAG」は2種類のバッグをそれぞれブラックとネイビーの2色でラインアップ。「U100」モデル(8万5,000円から)は、A4サイズが収納可能な大きさで、トートバッグやバッグパックとして使用出来る。ブラックモデルでは、両サイドとフロントのアウトポケットにキルティング加工を施した。遊び心あるデザインながら、ダブルジップや脱着可能なカードケース付きアウトポケットなど、機能面も充実している。「U098」モデル(9万円から)は、トートバッグとショルダーバッグ、バックパックになる3WAYバッグ。両サイド上部をセンターに折り込めば、シルエットも変えられる。

「U104」モデル(5万8,000円から)は、シンプルなデザインのトートバッグ。ダブルジップや内ポケットを備えて、機能性にこだわり、脱着可能なショルダーストラップ付きで、ワークシーンでの活躍が期待出来る。ブリーフケースは2種類を用意。縦長の「U096」モデル(8万円)と、バッグパックとしても使用可能な横長の「U097」モデル(7万円)をそろえた。

「CROSSBODY」では2種類のボディーバッグが登場。ネイビーのみで展開する「U102」モデル(6万円)は、フロント部のB5サイズのアウトポケットが特徴。柔らかなアルチェ風レザーがボディにフィットし、バッグ内側にハンドルを折り畳めばハンドバッグとしても利用出来る。「U101」モデル(5万4,000円から)は、アウトポケットや内ポケットを充実させ、コンパクトでありながらも機能性も追求した。

「BIG CLUTCH」(4万2,000円)は、大きなアウトポケットが特徴的なクラッチバッグ。ファスナーが大きく開閉するため、型崩れしてほしくない書類も収納出来る。「MESSENGER」の「MEDIUM SHOLDER BAG」(6万円)は、シンプルでありながらも細部にわたって機能面を充実させたデイリーバッグ。ダブルジップやショルダーストラップで実用性を確保し、床においた時には自立する仕様になっている。その他、内側にはファスナー付きポケットやフォンケースを、アウトポケットには着脱可能なカードケースを備えた。
HEW
  • FUNCTIONAL BAG
  • BIG CLUTCH
  • 「MILITARY」シリーズ「BIG CLUTCH」
  • フルラ青山本店にメンズコレクションの専門フロアが誕生
ページトップへ