岡本太郎の「ほぼ日手帳」発売。記念展覧会「みんなのTARO2016」が南青山で開催中

2016.02.07

芸術家の岡本太郎による展覧会「みんなのTARO2016」が、2月5日から21日まで東京・南青山のTOBICHI(2)で開催される。

同展は岡本の代表作である「太陽の塔」と「明日の神話」でデザインされた「ほぼ日手帳」の発売を記念して開催されるもの。「太陽の塔」は1970年に大阪で開催された日本万博博覧会にて公開された巨大アート作品。「明日の神話」は縦5.5メートル、横30メートルの巨大壁画だ。

同展では、岡本が「明日の神話」を作るときに最初に描いたという幅2メートルの木炭デッサンや、手帳やメモ類を一切持ち歩かなかった岡本のめずらしい手書きのメモ、パートナーであった岡本敏子のほぼ日手帳などが出展される。

その他、漫画家のタナカカツキがデザインし、「コップのフチ子」の生みの親として知られる奇譚クラブが制作した「巨大・コップのフチの太陽の塔」や、タナカが描いた「太陽の塔」とTAROのことばに絵を添えた巨大パネルなども登場。TOBICHI(2)から歩いて5分ほどのところにある岡本太郎記念館に所蔵される様々なサイズの太陽の塔コレクションなども展示される。

なお、会場で「「太陽の塔」、「明日の神話」がデザインされた手帳(カバーのみ2,592円、カバー&本体セット 4,400円)を購入すると、岡本太郎記念館が所有する非売品が手に入るガチャガチャを1点につき1回まわすことができる。また、期間中はTOBICHI(2)と岡本太郎記念館のスタンプラリーも開催。両会場でスタンプを押すと、特製ステッカーがプレゼントされる。

【イベント情報】
「みんなのTARO2016」
会場:TOBICHI(2)
住所:東京都港区南青山4-28-26
会期:2月5日~2月21日
時間:11:00~19:00
休館日:2月9日、2月16日
料金:無料
HEW
  • 岡本太郎による展覧会「みんなのTARO2016」が開催
  • 岡本太郎による展覧会「みんなのTARO2016」が開催
  • 岡本太郎による展覧会「みんなのTARO2016」が開催
  • 岡本太郎による展覧会「みんなのTARO2016」が開催
  • 岡本太郎による展覧会「みんなのTARO2016」が開催
  • 岡本太郎による展覧会「みんなのTARO2016」が開催
  • 岡本太郎による展覧会「みんなのTARO2016」が開催
ページトップへ