三越伊勢丹、猫の“縁結びマスコット”を発売。映画『世界から猫が消えたなら』公開記念のチャリティで

2016.05.10

三越伊勢丹グループ各店では、5月9日から映画『世界から猫が消えたなら』の公開を記念したチャリティキャンペーンが実施される。

5月14日公開予定の『世界から猫が消えたなら』は、川村元気原作の感涙ベストセラー『世界から猫が消えたなら』(=“せか猫”)をもとに製作された新作映画。主人公と同じ姿をした悪魔の二役に挑む主演の佐藤健をはじめ、宮崎あおい、濱田岳、奥田瑛二、原田美枝子らが脇を固めた。

今回三越伊勢丹グループ各店では、人と自然の心地よい永続的な関係社会を目指して、衣・食・住すべてで人・自然・社会への貢献につながる要素を持ったモノ・コトを紹介する「グローバル・グリーン キャンペーン」の一環として、同映画に登場する2匹の猫“レタス”と“キャベツ”をモチーフにした限定チャリティーグッズを販売する。

マスコット(税込300円)は、若い女性やカップルからも関心を持ってもらえるよう、“縁結びの神様”として尊信を集める浅草・今戸神社で特別に祈祷されたという。チャリティ販売の利益金は「一般財団法人 クリステル・ヴィ・アンサンブル」を通じて、日本の犬猫の殺処分、放棄、虐待行為ゼロを目指す活動に役立てられる。また、この度の熊本地震を受け、チャリティ金の一部を日本赤十字社を通じて被災地の支援にも役立てられるという。
※無くなり次第終了
HEW
  • (左)猫の“レタス”と“キャベツ”をモチーフにした限定チャリティーグッズ(各税込300円)、(右)映画『世界から猫が消えたなら』 ビジュアル
  • 猫の“レタス”と“キャベツ”をモチーフにした限定チャリティーグッズ(各税込300円)
  • 猫の“レタス”と“キャベツ”をモチーフにした限定チャリティーグッズ(各税込300円)
  • 猫の“レタス”と“キャベツ”をモチーフにした限定チャリティーグッズ(各税込300円)
  • 猫の“レタス”と“キャベツ”をモチーフにした限定チャリティーグッズ(各税込300円)
ページトップへ