mameの黒河内真衣子、新宿伊勢丹で “ニューメキシコの夢”を服で表現。白緑の刺繍ドレスやブラウスの限定品も

2016.05.19

マメ(mame)は、5月18日から24日まで、伊勢丹新宿店で、2016春夏コレクションアイテムを紹介する期間限定ショップを同店本館3階段センターパーク/ザ・ステージ#3にオープンする。

今シーズンのマメのテーマは、錬金術師を意味する「アルケミスト(Alchemist)」。デザイナーの黒河内真衣子によれば、小説家パウロ・コエーリョ(Paulo Coelho)の作品『アルケミスト-夢を旅した少年』の主人公を自らと重ね、黒河内が夢の中で旅をしたアメリカ・ニューメキシコ州での出来事を「錬金術」と捉え、この錬金術こそが自らにとっての「服をつくる」ことであり、2016春夏アイテムで具現化したという。

今回の展開アイテムは、ニューメキシコの広大な大地を“乾いた土色のようなベージュ”や、足元を這う植物を“白みがかったグリーンの白緑(びゃくろく)”で表現。会場では三越伊勢丹限定として4つのアイテムが発売される。

「Lace & Embroidery I-Line Dress」(5万8,000円)は、デコルテを透かして見せる繊細なレースが印象的なブラックのドレス。女性のフォルムにフィットするこのシルエットは、同ブランドのアイコニックな定番スタイルで、キーカラーであるミントグリーンのレースに、シーズンを象徴するボタニカルなモチーフが刺繍されている。

「Open Shoulder Cotton Blouse」(3万9,000円)は、ハリ感のあるコットン地がナチュラルな風合いを醸し出し、肩口や胸元が大胆なカッティングのブラウス。オーバーサイズのゆったりとしたシルエットは、リラックスした着こなしを実現。カラーはホワイトとネイビーの2色展開となっている。

「Botanical Embroidery Tight Skirt」(4万3,000円)は、程よい光沢感とハリ感のあるジャージ素材を使用したネイビーのタイトスカート。削ぎ落としたミニマルなデザインに、ややハイウェストのシルエットがクラシカルなニュアンスがプラスされ、こちらもボタニカルな刺繍が施されている。

「Rayon Tuck Pants」(4万3,000円)は、八分丈のパンツで、直線的なラインを意識したデザインがすっきりとした着こなしを実現。ミニマルなデザインが美しい生地感とドレープを強調する仕上がりになっている。

尚、会期中、5万円以上購入した先着12名には、会場装飾でも展示されている「叢 - Qusamura(くさむら)」(広島県西区)の植物がプレゼントされる。
編集部
  • マメは2016SSコレクションアイテムを紹介する期間限定ショップをオープン
  • 「Botanical Embroidery Tight Skirt」(4万3,000円)
  • ボタニカル柄が刺繍されたワンピース
  • マメは2016SSコレクションアイテムを紹介する期間限定ショップをオープン
  • 「Lace & Embroidery I-Line Dress」(5万8,000円)(三越伊勢丹限定)
  • 「Botanical Embroidery Tight Skirt」(4万3,000円)
  • 「Rayon Tuck Pants」(4万3,000円)
  • 「Open Shoulder Cotton Blouse」(3万9,000円)
  • 「Open Shoulder Cotton Blouse」(3万9,000円)
  • mame 2016 SSコレクション
  • マメは2016SSコレクションアイテムを紹介する期間限定ショップをオープン
  • マメは2016SSコレクションアイテムを紹介する期間限定ショップをオープン
  • マメは2016SSコレクションアイテムを紹介する期間限定ショップをオープン
  • マメは2016SSコレクションアイテムを紹介する期間限定ショップをオープン
  • マメは2016SSコレクションアイテムを紹介する期間限定ショップをオープン
ページトップへ