美術館を温室に見立てた「芸術植物園」展・公式図録【NADiffオススメBOOK】

2015.08.27

各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週木曜日は、アート・ブックショップ「NADiffナディッフ)」各店がオススメする1冊をご紹介。今回は愛知名古屋の支店・ナディッフ愛知(愛知県名古屋市東区東1-13-2 愛知芸術文化センター地下2階)です。

■『芸術植物園 BETWEEN BOTANY AND ART福岡真紀、副田一穂、小野寺奈津

現在、愛知県美術館にて開催中「芸術植物園」展の公式図録。

展覧会は冒頭で、“芸術植物”を「植物画、四季絵や鳥画、植物の標や拓本、風景画、植物を写した写真、造花を素材とするインスタレーションといった、わたしたち人間が実にさまざまなやり方で記録してきた植物」と定義付けた上で、古代から近現代までを通観しつつ、それらを6つ(たくす、あつめる、みる、うつす、つくる、しらべる)のセクションに振り分けて構成。美術館の展示室を温室に見立て、芸術植物園を散策するようにその多様な生態を鑑賞出来る。

本書もその形式を継承して6つの章立てからなり、装幀はハンドブック型の図鑑をイメージしてデザインされた、思わず手に取って眺めたくなる仕上がりとなっている。

ナディッフ愛知では、本展に合わせた作品集や実用書、アーティストグッズや植物雑貨を始め、美術館の展示室には持ち込むことが出来ない植物(サボテン、多植物)も展開。なお、展覧会は他館に巡回しない愛知県美術館の単独企画で、10月4日まで開催している。

書籍情報】
『芸術植物園 BETWEEN BOTANY AND ART』
著者:福岡真紀、副田一穂、小野寺奈津
編集:芸術植物園展実行委員会
デザイン三重野龍
発行元:芸術植物園展実行委員会
言語:日本
ビニル表紙ソフトカバー/160ページ/A5判
発刊:2015年
価格:1,389円

イベント情報】
「芸術植物園」
会場:愛知県立美術館 愛知芸術文化センター10階
住所:愛知県名古屋市東区東桜1-13-2
会期:8月7日~10月4日
時間:10:00~18:00(金曜日は20:00まで、なお入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし9月21日は開館)、9月24日
入場料:一般 1,100円、大・高生 800円、中学生以下無料
NADiff
  • 『芸術植物園 BETWEEN BOTANY AND ART』福岡真紀、副田一穂、小野寺奈津
  • 『芸術植物園 BETWEEN BOTANY AND ART』福岡真紀、副田一穂、小野寺奈津
  • 『芸術植物園 BETWEEN BOTANY AND ART』福岡真紀、副田一穂、小野寺奈津
  • 『芸術植物園 BETWEEN BOTANY AND ART』福岡真紀、副田一穂、小野寺奈津
ページトップへ