神戸で夏休みのサプライズ、「天野喜孝展」で即興ファッションイラスト公開

2015.08.11

「ファイナルファンタジー」や「科学忍者隊ガッチャマン」、「タイムボカン・シリーズ」、「新造人間キャシャーン」、「昆虫物語みなしごハッチ」などのキャラクターデザイン、栗本薫の『グイン・サーガ』、菊池秀幸の『吸血鬼ハンターD』など人気小説シリーズの挿絵や装幀画、ファインアートの分野まで過去の作品が、改めて評価されているアーティスト・天野喜孝の神戸で開催中の展覧会が、夏休みに入り人気を集めている。これまでパリ、ニューヨーク、ルクセンブルグ、香港など海外では数多くの個展が開催されてきたが、日本での公立美術館で本格的な作品展はこの巡回展が初めてとなり、昨年9月に熊本市現代美術館を皮切りにスタートした。

8月30日まで、安藤忠雄の建築としても知られる兵庫県立美術館で開催されている「天野喜孝展 想像を超えた世界」では、初期の「ガッチャマン」のセル画から、原画、シルクスクリーン、最新作のアルミパネルにアクリルで描かれた幅7mを超える大作まで、200点を超える作品を一同に展示。「ファイナルファンタジー」シリーズの原画やシルクスクリーン、最近アニメ化された「やさいのようせいN.Y. SALAD」の原画など新たな作品も加わり、子供から学生、大人まで幅広い層のファンで賑わっている。

ファッションの分野では10年に行ったパリ・オペラ座で菱沼良樹と共作した「Eve」展、12年の伊勢丹新宿店の婦人服リモデルのオープニング企画として行った「アンリアレイジ(ANREALAGE)」との共作など、日本のデザイナーとのコラボでも知られているが、04年には雑誌『ヴィジョネア』に作品を発表するなど、海外のファッションメディアでもしばしば取り上げられてきた。15歳で入社したタツノコプロ時代から描いてきた近未来的なデザインは、海外のアニメファンにも人気が高い。マイアミやサンフランシスコなどで開催されたコスプレイベントでは、「ファイナルファンタジー」から源氏物語まで同氏の描く世界だけのキャラクターに扮した多くのコスプレイヤーたちが集まるなど、その人気は熱狂的で、近年のジャパンアニメーションの草分け的存在として知られている。

また、最近描かれている「キャンディガール」シリーズは70年代から同氏が描いてきた少女たちをひとつの世界に集約し、ポップアート的な解釈の元、自動車用の塗装で仕上げた新たな大作として発表されている。

「自分では意識してこなかったが、70年代のファッションやポップアートの色使いは自分の絵の中の大きな要素のひとつになっている。タツノコプロでひたすらキャラクターを描いていた自分自身の10代、20代当時の写真を見るとロングヘアーで『ガッチャマン』のケンの格好そのまま」(天野氏)と笑う。同展にも「アンディ・ウォーホルがシルクスクリーンで発表したマリリン・モンローへのオマージュ」(同)として制作された、「ヤッターマン」のドロンジョのシルクスクリーンなども展示されている。

同展開催期間中に行われた動画中継イベントでは、即興により「神戸ファッション」をテーマにドローイングを実演。東洋的な女性のフェイスラインから、元禄時代の女性のヘアスタイルにイエローのアイシャドー、タトゥー、グリーンのファーのコスチュームと、近未来をイメージしたファッションイラストに仕上げた。2017年に開港150年を迎える神戸をイメージした天野ワールドの女性キャラクターは、80年代にNYで活躍したファッションイラストレーターのアントニオ・ロペスの存在を想起させる。同作品は展覧会期間中、会場に展示される。

【イベント情報】
「天野喜孝展 想像を超えた世界」
会場:兵庫県立美術館
住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)
会期:8月30日まで
時間:10:00~18:00(最終入場は閉場の30分前) ※8月30日は午後3時閉場
料金:一般 1,200円、大学生 1,000円、高校生・65歳以上 600円

■interview & text & photo:野田達哉
編集部
  • 作品Candy Girl(2014年)と天野喜孝
  • 神戸ファッションをテーマにライブで描かれた作品
  • ヤッターマン(1980年代)
  • ドロンジョ(1980年代)
  • 『吸血鬼ハンター"D"』夢なりし”D" 装幀画(1986年)
  • 『グイン・サーガ』サリアの娘 装幀画(1985年)
  • FF3イメージイラスト(1990年)
  • N.Y.SALAD 挿画(2002年)
  • 飛天(1989年)
  • 『源氏物語 明石の君』(1992年)
ページトップへ