日本モード誌クロニクル

出版界に風穴開くか。『ロフィシャル ジャパン』のアドバンテージとは【日本モード誌クロニクル:横井由利】 画像
Voice

出版界に風穴開くか。『ロフィシャル ジャパン』のアドバンテージとは【日本モード誌クロニクル:横井由利】

雑誌が創刊準備を始めると、パイロット版を作り、クライアント、代理店にプレゼンテーションするのが常となっている。ところが、『ロフィシャル ジャパン』は従来の常識を打ち破るかのようにパイロット版をパスした。それがロフィシャル流なのだろう。

『ロフィシャル』が再創刊へ。オムニチャンネルを生かし常識を覆す【日本モード誌クロニクル:横井由利】 画像
Voice

『ロフィシャル』が再創刊へ。オムニチャンネルを生かし常識を覆す【日本モード誌クロニクル:横井由利】

モードや芸術の花が咲き乱れた「レ・ザネ・フォール(狂乱の時代)」と呼ばれるパリの喧騒の中『ロフィシャル』(1921年創刊)は誕生した。モード誌の中で伝統的なハイ・モードを表現し、オートクチュールの世界感に最も近い雑誌と位置付けられている。

パリ≒モード、だからやめられない--11/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】 画像
Voice

パリ≒モード、だからやめられない--11/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】

2015年『フィガロジャポン』は25周年を迎えた。既に昨年から周年企画を打ち出している。25周年はどんな意味を持つのか西村編集長に尋ねた。モード誌クロニクル第3部最終回。

西村緑により再月刊化となった『フィガロジャポン』--10/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】 画像
Voice

西村緑により再月刊化となった『フィガロジャポン』--10/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】

2008年のリーマンショックは、世界中の経済を冷え込ませた。その影響はモード誌にも確実に及び、出稿を控えるブランドが相次ぎ、出版界全体で存続の危機を迎えるのではないかと噂された。『フィガロジャポン』4回目。

石川栄子、塚本香が彩りを添えた『フィガロジャポン』--9/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】 画像
Voice

石川栄子、塚本香が彩りを添えた『フィガロジャポン』--9/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】

隔週刊化という荒技を乗り越えた『フィガロジャポン』は、スタイルの完成と安定期を迎えた。『フィガロジャポン』3回目。

『フィガロジャポン』蝦名編集長の仕事術--8/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】 画像
Voice

『フィガロジャポン』蝦名編集長の仕事術--8/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】

ライセンスマガジンの醍醐味は、本国版を解釈していかに日本の読者に支持されるコンテンツを編み出すかというところにある。蝦名総編集長はキャッチーなコピー、新しい旅、ブランド切りなどで読者の心をつかんだ。『フィガロジャポン』2回目。

パリが日本にやってきた!『フィガロジャポン』創刊--7/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】 画像
Voice

パリが日本にやってきた!『フィガロジャポン』創刊--7/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】

フランスの新聞『ル フィガロ』は、1826年に発刊されたフランスで最も歴史のある日刊紙だ。その新聞を発行するフィガロ社は、1980年女性を対象としたフリーマガジン『マダム フィガロ』を創刊した。『フィガロジャポン』1回目。

『Tジャパン』は日本のモード誌と一線を画す--6/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】 画像
Voice

『Tジャパン』は日本のモード誌と一線を画す--6/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】

2015年は3・5・9・11月の計4冊を発行し、将来的にはもっと増やしていく予定だ。フリーの雑誌なので、収入源は広告のみ。広告主がどの視点で出稿するかが問題となる。『Tジャパン』2回目。

集英社×朝日新聞の新マガジン『Tジャパン』--5/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】 画像
Voice

集英社×朝日新聞の新マガジン『Tジャパン』--5/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】

米ニューヨーク・タイムズ社(NYT社)が2004年に発刊した通称『Tマガジン』(正式名はザ・ニューヨーク・タイムズ・スタイル・マガジン)の日本版『Tジャパン』が2015年3月25日に創刊する。

ヴォーグと肩を並べるロフィシェル--4/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】 画像
Voice

ヴォーグと肩を並べるロフィシェル--4/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】

『ロフィシェル』というモード誌をご存知だろうか、モードにかかわる人ならその名を聞くだけで、エレガントなモデルがオートクチュールのドレスを纏ったシーンをイメージするに違いない。

ナイロン・ジャパンのデジタルコミュニケーション力--3/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】 画像
Voice

ナイロン・ジャパンのデジタルコミュニケーション力--3/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】

『ナイロン・ジャパン』は、あと2・3年もするとデジタルネイティブ世代がメイン読者層になってくる。「基本的には雑誌とデジタルの直接的な連動はさせません。それは役割が違うから」(戸川編集長)。ナイロン・ジャパン最終回。

日本女子のシーンを作るナイロン・ジャパン--2/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】 画像
Voice

日本女子のシーンを作るナイロン・ジャパン--2/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】

「創刊当初は、欧米の編集スタイルを踏襲してフリーランスの方々にノーギャラでとお願いしましたが、日本では通用しませんでした」(戸川貴詞編集長)。ナイロン・ジャパン2回目。

デイズドと上陸したナイロン・ジャパン--1/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】 画像
Voice

デイズドと上陸したナイロン・ジャパン--1/11【日本モード誌クロニクル第3部:横井由利】

アメリカ発の『NYLON』は、1998年マービン・スコット・ジャレット、マイク・ノイマン、1990年代初期のスーパーモデルの1人ヘレナ・クリステンセンの3人によって創刊されたモード誌だ。

【日本モード誌クロニクル:横井由利】EC、イベントなどマネタイズの多様性を敷く森バザー--12/12後編 画像
Fashion

【日本モード誌クロニクル:横井由利】EC、イベントなどマネタイズの多様性を敷く森バザー--12/12後編

1年半の準備期間を費やし、『ハーパーズ バザー』は、2013年9月20日創刊した。「コアターゲットは働く大人の女性。大人感があり尖り過ぎず、クオリティーが高く、テイストの幅があるモード誌」(森明子総編集長)

【日本モード誌クロニクル:横井由利】バザー、「創刊」という新たな扉が開く--11/12後編 画像
Fashion

【日本モード誌クロニクル:横井由利】バザー、「創刊」という新たな扉が開く--11/12後編

元エル・ジャポン編集長の森明子は、エルの任を終了し3ヶ月ほどの休養をとっていた2012年春、社長よりハースト社が出版する雑誌を日本で創刊する上でのリサーチを開始して欲しいという、新たなミッションが言い渡された。

【日本モード誌クロニクル:横井由利】プチバブルと共に上昇気流に乗って--10/12後編 画像
Fashion

【日本モード誌クロニクル:横井由利】プチバブルと共に上昇気流に乗って--10/12後編

創刊2年目を迎えた『ハーパース・バザー日本版』は、2002年4月号より、タイトルのフォントを以前のクラシックなものに変えることになった。

【日本モード誌クロニクル:横井由利】世界で最も歴史のあるモード誌ハーパース・バザー--9/12後編 画像
Fashion

【日本モード誌クロニクル:横井由利】世界で最も歴史のあるモード誌ハーパース・バザー--9/12後編

新しいミレニアム(千年紀)を間近にひかえた、2000年8月28日、『ハーパース・バザー日本版』(以降バザー)は創刊した。

【日本モード誌クロニクル:横井由利】ヌメロ・トウキョウ=田中杏子と言われるまで--8/12後編 画像
Fashion

【日本モード誌クロニクル:横井由利】ヌメロ・トウキョウ=田中杏子と言われるまで--8/12後編

仏版Numeroのバベット・ジアン編集長と初めて会ったのは、田中杏子が編集長を引き受ける決心をして間もないコレクションの期間中だった。

【日本モード誌クロニクル:横井由利】二つの産みの苦しみから誕生したヌメロ・トウキョウ--7/12後編 画像
Fashion

【日本モード誌クロニクル:横井由利】二つの産みの苦しみから誕生したヌメロ・トウキョウ--7/12後編

フランス語で番号を意味する「Numero」は、1999年バベット・ジアンによって創刊されたフランスのモード誌だ。

【日本モード誌クロニクル:横井由利】始動した進化型VOGUE--6/12後編 画像
Fashion

【日本モード誌クロニクル:横井由利】始動した進化型VOGUE--6/12後編

VOGUEには、メディアとしての役割に加え、ファッション産業のリーダーとして社会的な貢献やアクションを起こすべしというDNAが組み込まれている。古くは、第一次世界大戦の戦時下、チャリティーファッションショーを開きファッション界に活力を与えたという歴史がある。

37件中1 - 20 件を表示しています。
  1. 1
  2. 2
page top