Voice

トップニュース

PICK UP

TOP NEWS

【メディアの未来を考える】デジタルネイティブに向けたメディア『コスモポリタン』のスタイル--ハースト婦人画報社2/3:横井由利 画像
Biz

【メディアの未来を考える】デジタルネイティブに向けたメディア『コスモポリタン』のスタイル--ハースト婦人画報社2/3:横井由利

ハースト婦人画報社代表取締役社長&CEOのイヴ・ブゴン氏が、「我が社は雑誌も発行するデジタル企業となることを目指す」と挨拶した通り、デジタルメディアへの大きな一歩となる、コスモポリタン日本版を創刊した。

安田美沙子、写真展開催までのストーリーを語る。ルーガとのコラボシャツ製作秘話も【INTERVIEW】 画像
Voice

安田美沙子、写真展開催までのストーリーを語る。ルーガとのコラボシャツ製作秘話も【INTERVIEW】

東京ミッドタウン内「イセタンサローネ」にて写真展示販売会「My Pleasure-my dear life-」開催中のタレント、安田美沙子にインタビュー。

【メディアの未来を考える】デジタル戦略がもたらす未来のメディア--ハースト婦人画報社1/3:横井由利 画像
Biz

【メディアの未来を考える】デジタル戦略がもたらす未来のメディア--ハースト婦人画報社1/3:横井由利

「メディアのデジタル戦略」についてインタビューを試みた、ハースト婦人画報社は、ユビキタスネットワーク社会の到来を見据えて、他社に先駆け1996年『ELLE 0NLINE』を立ち上げ、デジタル化の第一歩を踏み出していたという話からスタートした。

ライアン・マッギンレーが語る写真とファッション【INTERVIEW】 画像
Special

ライアン・マッギンレーが語る写真とファッション【INTERVIEW】

「最高の1枚を選ぶのは、本質的でリアルであることを追求するのと同じこと」

ライアン・マッギンレーが語る写真とファッション--「最高の1枚を選ぶのは、本質的でリアルであることを追求するのと同じこと」【INTERVIEW】 画像
Voice

ライアン・マッギンレーが語る写真とファッション--「最高の1枚を選ぶのは、本質的でリアルであることを追求するのと同じこと」【INTERVIEW】

4月16日から東京オペラシティアートギャラリーで開催中の写真展「ライアン・マッギンレー BODY LOUD!」。FASHION HEADLINEでは、来日したライアン・マッギンレーへの単独インタビューの機会を得た。

【gege backstage:山縣良和】陰の存在だった妖怪を日常のファンタジーに昇華させた水木しげるさんへ 画像
Voice

【gege backstage:山縣良和】陰の存在だった妖怪を日常のファンタジーに昇華させた水木しげるさんへ

なぜ鳥取という環境からあのネガティブな世界を描く漫画家、水木しげるという作家が生まれたのか?日常と非日常の様々な生き物が混ざり合った、自分のルーツでもある世界。デザイナー山縣良和によるメッセージ。

【Photo Diary:永瀬沙世】瀬戸内の魅力 画像
Voice

【Photo Diary:永瀬沙世】瀬戸内の魅力

空気の動き、海の流れが早いのか遅いのかわからないけど、清らか。地中海っぽい。古代からここの印象って変わっていないのではないかと思った。のびのびと適当に散らばっている感じ。それが魅力的。生きてるなーって思った。

【Photo Diary:永瀬沙世】東京から思う故郷 画像
Voice

【Photo Diary:永瀬沙世】東京から思う故郷

あたたかい毛布につつまれたような、ふわぁと光につつまれていたような、息を吸うと深く綺麗な空気が引っかかりなく入ってくる感じ、幸福感が故郷の記憶にはある。

【Photo Diary:永瀬沙世】海のある暮らし 画像
Voice

【Photo Diary:永瀬沙世】海のある暮らし

海の風に吹かれている。透明感のある海草、海のきらめき、潮の匂いよりも、からっとした風の匂いがした。真ん中が空いていて風の通りがいい。

新旧が交差する銀座。自ら“新たな魅力”を発信したい--マドモアゼル・ユリア【INTERVIEW】 画像
Voice

新旧が交差する銀座。自ら“新たな魅力”を発信したい--マドモアゼル・ユリア【INTERVIEW】

銀座三越で開催された一夜限りのスペシャルイベント「銀座三越×ハーパーズ バザー スペシャルナイトパーティー」。そこでDJパフォーマンスを披露し、ファッションフロアを盛り上げたのが、マドモアゼル・ユリアさん。彼女にファッションや銀座、桜について話を聞いてみた。

アートを通じて人と人、都市と地域がつながる。瀬戸内国際芸術祭・総合プロデューサー 北川フラム--2/2【INTERVIEW】 画像
Voice

アートを通じて人と人、都市と地域がつながる。瀬戸内国際芸術祭・総合プロデューサー 北川フラム--2/2【INTERVIEW】

3年に1度開催されている瀬戸内国際芸術祭は、2016年に第3回を迎えた。年間を通してさまざまな試みが行われ、新たな取り組みが生まれている。それを媒介するのが「旅」である。

人々がアートを巡る旅に出かける理由。瀬戸内国際芸術祭・総合プロデューサー 北川フラム--1/2【INTERVIEW】 画像
Voice

人々がアートを巡る旅に出かける理由。瀬戸内国際芸術祭・総合プロデューサー 北川フラム--1/2【INTERVIEW】

「アートは歴史、観光、文化の良さを引き出し、そこに生活する人々や訪れる人々の、未来につながる記憶を呼び起こす」と語る北川氏は、伊勢丹に足を運ぶ人々と、瀬戸内国際芸術祭への来訪者のセンスや感性には共通点があるという。

日本文化を再認識。“ひなびた美しさ”に通づるアイデンティティーデザイナー松重健太--2/2【INTERVIEW】 画像
Voice

日本文化を再認識。“ひなびた美しさ”に通づるアイデンティティーデザイナー松重健太--2/2【INTERVIEW】

シャネル傘下のオートクチュール工房協力のもと、15SSコレクションで華々しいデューを飾った新鋭ブランド、Kenta Matsushigeのデザイナー松重健太へのインタビュー。後編。

弱冠27歳の超新星。パリを拠点に世界へ挑む若手デザイナー松重健太--1/2【INTERVIEW】 画像
Voice

弱冠27歳の超新星。パリを拠点に世界へ挑む若手デザイナー松重健太--1/2【INTERVIEW】

CHANEL傘下のオートクチュール工房協力のもと、2015年春夏コレクションで華々しいデューを飾った新鋭ブランド、Kenta Matsushigeのデザイナー松重健太へのインタビュー。前編。

【Beauty Method】海外への旅で気づいた身土不二な考え方―バースコーディネーター大葉ナナコ 画像
Voice

【Beauty Method】海外への旅で気づいた身土不二な考え方―バースコーディネーター大葉ナナコ

今も未来も、自分らしく、美しく、健康でありたいと願う全ての女性に、そのためのメソッドを提案する「WOMAN’S BEAUTY FESTIBAL」が伊勢丹新宿店のビューティアポセカリーで3月21日に行われる。

【Beauty Method】今も未来も、自分らしく健やかな女性であるために―岸紅子(NPO法人日本ホリステックビューティ協会代表理事)に学ぶ 画像
Voice

【Beauty Method】今も未来も、自分らしく健やかな女性であるために―岸紅子(NPO法人日本ホリステックビューティ協会代表理事)に学ぶ

NPO法人日本ホリスティックビューティ協会代表理事の岸紅子さんに、内からも外からも、凛として美しい女性であるためのメソッドを聞いた。

リトゥン山縣良和×桐生でニードルパンチを手がける澤利一「ニードルパンチはフリーペインティングと同じ」前編【ファッションが生まれる場所】 画像
Fashion

リトゥン山縣良和×桐生でニードルパンチを手がける澤利一「ニードルパンチはフリーペインティングと同じ」前編【ファッションが生まれる場所】

あなたがその洋服を手にするまで、一体幾人の手を渡ってきたのか考えてみたことがあるだろうか。今回は、幾つもの場所、幾人もの手を渡って生まれてくるファッションが生まれる、ある一つの場所を紹介したい。

“絹を日常の中で楽しんで”と願う事業者が山口壮大監修で新ブランド「cilk」ローンチ【ファッションが生まれる場所】 画像
Voice

“絹を日常の中で楽しんで”と願う事業者が山口壮大監修で新ブランド「cilk」ローンチ【ファッションが生まれる場所】

今回FASHION HEADLINEでは、山口壮大と共に足利市と桐生市を訪問。トワルチェックやサンプルチェックに同行し、店頭に商品が届けられる前にある物語を伝えたい。

乃木坂46きってのファッションラバー伊藤万理華×坂部三樹郎・ジェンファン「少女の記憶とファッション」--2/2【INTERVIEW】 画像
Voice

乃木坂46きってのファッションラバー伊藤万理華×坂部三樹郎・ジェンファン「少女の記憶とファッション」--2/2【INTERVIEW】

乃木坂46きってのファッションラバー伊藤万理華さんがリスペクトするデザイナー、坂部三樹郎さんとシュエ・ジェンファンさんのアトリエに伊藤さんが潜入。ファッション談義を繰り広げる。

乃木坂46きってのファッションラバー伊藤万理華×坂部三樹郎・ジェンファン「アイドルってファッションと似てる」--1/2【INTERVIEW】 画像
Voice

乃木坂46きってのファッションラバー伊藤万理華×坂部三樹郎・ジェンファン「アイドルってファッションと似てる」--1/2【INTERVIEW】

乃木坂46きってのファッションラバー伊藤万理華さんがリスペクトするデザイナー、坂部三樹郎さんとシュエ・ジェンファンさんのアトリエに伊藤さんが潜入。 「ファッションの魅力とは何なのか?」「アイドルとファッションの共通項」などファッション談義を繰り広げる。

トーキョー発・進化型マネキン、FEMM in 東東京【東東京タイムトラベルvol.1】 画像
Voice

トーキョー発・進化型マネキン、FEMM in 東東京【東東京タイムトラベルvol.1】

「むかし、まねきんありけり」と後年、好事家が書き記すかもしれないが、確かに2016年の梅の季節に「FEMM(フェム)」と呼ばれる歌い踊るマネキン2体が東東京・墨田向島の言問団子の茶店に居た。東東京タイムトラベル第一弾。

フランスで最も権威あるショコラのコンクールで5年連続最高位に輝く小山進のものづくりのDNAとは?【INTERVIEW】 画像
Voice

フランスで最も権威あるショコラのコンクールで5年連続最高位に輝く小山進のものづくりのDNAとは?【INTERVIEW】

兵庫県三田市という郊外エリアにありながら地元の人々のみならず、遠方からの客足も途絶えない名店「パティシエ エス コヤマ」。オーナーパティシエ・小山進の創造性はとどまるどころか、今もなお前進し続けている。

テクノロジーがファッション界に旋風を巻き起こす--ファッション×テックの関係をDYNEデザイナーが語る【INTERVIEW】 画像
Voice

テクノロジーがファッション界に旋風を巻き起こす--ファッション×テックの関係をDYNEデザイナーが語る【INTERVIEW】

テクノロジーとの出合いが、ファッション界に新たな旋風を巻き起こす――2月17日、伊勢丹メンズ館で国内初披露となるブランド、DYNE(ダイン)のデザイナーにインタビューを行った。

mameデザイナー・黒河内真衣子「パズルを完成させるためのかけらを探している」--2/2【INTERVIEW】 画像
Voice

mameデザイナー・黒河内真衣子「パズルを完成させるためのかけらを探している」--2/2【INTERVIEW】

16SSは「アルケミスト(錬金術)」をテーマに選んだmame。デザイナー・黒河内真衣子さんのインスピレーションを刺激するものとは?そして、彼女が考えるデザイナーの役割とは?彼女の言葉から、mameの現在地とこれからを読み解く。

mameデザイナー・黒河内真衣子「ブランドとしての挑戦は続いている」--1/2【INTERVIEW】 画像
Voice

mameデザイナー・黒河内真衣子「ブランドとしての挑戦は続いている」--1/2【INTERVIEW】

mameの服からは、情景が浮かび上がる。凛とした強さを、繊細なディティールで包み込んだかのようなコレクションで私たちを惹き付けるmame。11SSのデビューから5周年を迎えたmameのデザイナー黒河内真衣子さんに会いにいった。

デジタル化の流れをどう捉え動くのか。中島編集長インタビュー3/3【日本の編集力 vol.2】 画像
Voice

デジタル化の流れをどう捉え動くのか。中島編集長インタビュー3/3【日本の編集力 vol.2】

2015年の2月に、リニューアル号からアートディレクターを務めた平林奈緒美氏に代わり、クリエイティブ集団「tha.ltd.(ティーエイチエー)」の阿部洋介氏をアートディレクターに迎えた雑誌『GINZA』は、2016年より、本格的にデジタル化を始動するという。

『Olive』に続き『relax』も復刊へ。中島編集長インタビュー2/3【日本の編集力 vol.2】 画像
Voice

『Olive』に続き『relax』も復刊へ。中島編集長インタビュー2/3【日本の編集力 vol.2】

2016年2月に復刊を果たす伝説のカルチャー誌『relax(リラックス)』の編集長を務めるのも、『GINZA』編集長の中島敏子氏である。「私にはこれしかできないんです」と話す中島氏の、編集力とは?

ファッション誌のルールから逸脱すること。『GINZA』中島編集長インタビュー1/3【日本の編集力 vol.2】 画像
Voice

ファッション誌のルールから逸脱すること。『GINZA』中島編集長インタビュー1/3【日本の編集力 vol.2】

『GINZA』現編集長を務める中島敏子氏に訊いた、いまの『GINZA』ができるまで。

“無駄を省いて、ラクして、美味しく”がモットー。 料理研究家・大原千鶴の楽しみながらつくる身近な家庭料理【INTERVIEW】 画像
Voice

“無駄を省いて、ラクして、美味しく”がモットー。 料理研究家・大原千鶴の楽しみながらつくる身近な家庭料理【INTERVIEW】

“無駄を省いて、ラクして、美味しく”がモットー。大原千鶴さんの楽しみながらつくる身近な家庭料理を京から発信。

じっくり読みたい。二階堂ふみ、藤原ヒロシ、ももクロ、吉田羊、M/M(Paris)...etc【インタビューまとめ】 画像
Voice

じっくり読みたい。二階堂ふみ、藤原ヒロシ、ももクロ、吉田羊、M/M(Paris)...etc【インタビューまとめ】

お正月三が日最終日だからこそ、ゆっくり時間をとって読んでほしいインタビューを厳選しまとめてみました。是非、ご一読ください。

中里周子×寺澤真理「ファッションだから持ち得る、人への愛。これが大事」--2/2【INTERVIEW】 画像
Voice

中里周子×寺澤真理「ファッションだから持ち得る、人への愛。これが大事」--2/2【INTERVIEW】

ファッションデザイナー・中里周子と伊勢丹新宿店TOKYO解放区担当バイヤー・寺澤真理。ファッションを愛する2人が語る「ファッションの未来」、そして「真面目と不真面目」とは?

中里周子×寺澤真理「ファッション×デジタルを考えたら、宇宙に行き着いた」--1/2【INTERVIEW】 画像
Voice

中里周子×寺澤真理「ファッション×デジタルを考えたら、宇宙に行き着いた」--1/2【INTERVIEW】

中里周子がITSで受賞する約1年前に彼女と出会った伊勢丹新宿店TOKYO解放区の担当バイヤー・寺澤真理が「ファッション」をテーマに熱いダブルトークを繰り広げる。

だからファッションはおもしろい。新年のご挨拶にかえて【Editor's blog】 画像
Voice

だからファッションはおもしろい。新年のご挨拶にかえて【Editor's blog】

アーティストというのは、過去と未来をひと時に束ねたかのうような、時を超越した作品を生み出す。ファッションもアートとは違うカタチで、「地の利を活かし受け継がれてきた伝統の技と、人の創造力を結ぶことで新たな表現が出来るのではないか」。

吉田羊のこれまでとこれから--「ファッションで役は8割完成する」【INTERVIEW】 画像
Voice

吉田羊のこれまでとこれから--「ファッションで役は8割完成する」【INTERVIEW】

数々の女性の生き様を演じてきた女優・吉田羊。「演じることが何より好き」と語る女優・吉田羊の周りには、凛とした気配が漂う。そんな彼女が憧れる女性とは?そして、来年の目標とは?

フィンランドの姉妹デュオ・ミミットが語るフィンランドのクリスマスの過ごし方【INTERVIEW】 画像
Voice

フィンランドの姉妹デュオ・ミミットが語るフィンランドのクリスマスの過ごし方【INTERVIEW】

フィンランドの人気姉妹デュオ・Mimmit(ミミット)。日本に短期間住んでいたこともあるという日本通の二人に、フィンランドのクリスマスの過ごし方、そして音楽について聞きました。

スペシャリティストアとして新規事業のブランディングを担う「イセタンサローネ メンズ」 画像
Biz

スペシャリティストアとして新規事業のブランディングを担う「イセタンサローネ メンズ」

12月12日に東京丸の内にオープンした「イセタンサローネ メンズ」は、4月にオープンした六本木の東京ミッドタウンの「イセタンサローネ」同様、“和”が空間デザインのテーマとなっている。

昔はエゴイスティックだった。でも今は、文化を継承するプラットフォームを作りたい--アーティスト舘鼻則孝2/2【INTERVIEW】 画像
Voice

昔はエゴイスティックだった。でも今は、文化を継承するプラットフォームを作りたい--アーティスト舘鼻則孝2/2【INTERVIEW】

舘鼻則孝の作品は、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館をはじめ、数々の美術館に永久収蔵されている。舘鼻の美意識はどのように構築されたのか。そして今年30歳を迎えた舘鼻が考える「人間が生きる目的」とは?

テックとアルチザンが織りなす美は、日本の職人技なしでは生まれない--アーティスト舘鼻則孝1/2【INTERVIEW】 画像
Voice

テックとアルチザンが織りなす美は、日本の職人技なしでは生まれない--アーティスト舘鼻則孝1/2【INTERVIEW】

アーティスト舘鼻則孝が語る、日本の職人技と最先端テクノロジーの融合とは?なぜ、舘鼻は3Dプリントを自らのクリエイションに採用するのか?舘鼻のインタビューからその答えを探る。前編

日本最高峰のジュエリー職人・首藤治「職人は心を育てることが技術の向上になると信じている」【INTERVIEW】 画像
Voice

日本最高峰のジュエリー職人・首藤治「職人は心を育てることが技術の向上になると信じている」【INTERVIEW】

「現代の名工」と称される職人達がいる。これは国が認めた「卓越技能者」に送られる表彰制度の通称であり、そのうちの一人がジュエリークラフトマンの首藤治氏だ。

米ラグジュアリーホテルのコンラッド、新サービス始動。新時代の旅のニーズをどのように捉えるか【INTERVIEW】 画像
Life

米ラグジュアリーホテルのコンラッド、新サービス始動。新時代の旅のニーズをどのように捉えるか【INTERVIEW】

コンラッド・ホテルズ&リゾーツ(以下、コンラッド)が新ブランドメッセージを発表した。コンセプトは「NEVER JUST STAY. STAY INSPIRED」。初代「ディレクター オブ インスピレーション」にニロウ・モタメド氏を迎え、新しいサービスを立ち上げた。

ニューヨークで生まれ育った強み--PUBLIC SCHOOLデザイナーダオイー・チョウ、マックスウェル・オスボーン【INTERVIEW】 画像
Voice

ニューヨークで生まれ育った強み--PUBLIC SCHOOLデザイナーダオイー・チョウ、マックスウェル・オスボーン【INTERVIEW】

パブリックスクール(PUBLIC SCHOOL)が破竹の勢いをみせている。イセタンメンズのポップアップ・イベントのために来日したマックスウェル・オスボーンとダオイー・チョウをインタビュー。

View More

page top