原宿ガールが新宿に集結!きゃりーの美術などを手掛ける「6% DOKIDOKI」増田セバスチャンがムック本発売を記念しイベント開催(3/10)

Fashion Fashion

ポップアップショップのテーマは「子どものイタズラ心」。子どもの残虐性を表現、「子どもの遊び心を忘れないようにしようよ」というメッセージを込められている
©FASHION HEADLINE ポップアップショップのテーマは「子どものイタズラ心」。子どもの残虐性を表現、「子どもの遊び心を忘れないようにしようよ」というメッセージを込められている
  • 増田セバスチャン(中)と6%DOKIDOKIをこよなく愛し、その世界観を体現するショッップガール(右、左)
  • 増田セバスチャン(中)と6%DOKIDOKIをこよなく愛し、その世界観を体現するショッップガール(右、左)
  • ポップアップショップのテーマは「子どものイタズラ心」。子どもの残虐性を表現、「子どもの遊び心を忘れないようにしようよ」というメッセージを込められている
  • サイン会に並ぶファンたち(伊勢丹新宿店)
  • 6%DOKIDOKIポップアップショップ(伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区、会期は4月2日まで)
  • ブランド初となるムック本(宝島社発行)。ノベルティとしてカラフルなトートバッグがついている
  • 親子連れで並んでいた12歳のファン。きゃりーぱみゅぱみゅがきっかけで11歳のときからこういったファッションに。コーディネートもヘアもすべてセルフ
  • カナダ出身の25歳。雑誌「FRUITS」を見て原宿カルチャーを気に入り、2年前から服飾専門学校に留学で来ている。日本での就職希望
  • 高円寺から来たファン。高校のときもこういったファッションをしていたが、1年ほど前からまた始めたとのこと
  • 品川から来たファン。増田セバスチャンが発起人となった「原宿ファッションウォーク」の活動を2回目以降、引き継いでいるとのこと

特集

page top