世界が認めた画家・暁斎=狂斎の画力の凄さとは【NADiffオススメBOOK】

Art Art

『反骨の画家河鍋暁斎』 狩野博幸、河鍋楠美
  • 『反骨の画家河鍋暁斎』 狩野博幸、河鍋楠美
  • 『反骨の画家河鍋暁斎』 狩野博幸、河鍋楠美
  • 『反骨の画家河鍋暁斎』 狩野博幸、河鍋楠美
木曜日連載、アート・ブックショップ「NADiff(ナディッフ)」各店による今読むべき1冊。今週は、狩野博幸、河鍋楠美著の『反骨の画家河鍋暁斎』。東京・渋谷の支店 NADiff modern(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura地下1階)によるご紹介です。

■『反骨の画家河鍋暁斎』 狩野博幸、河鍋楠美

幕末から明治にかけて活躍した絵師、河鍋暁斎は、別名「狂斎」とも言われ、いわゆる世俗を逸脱した聖人に近い狂者のような人物であった。浮世絵師歌川国芳のもとで学んだ後、狩野派の前村洞和に師事し、洞和は、一心不乱に絵に打ち込む姿を見て「画鬼」とあだ名をつけたという。

彼の画力の見事さは、実物を前に写生することで身につけた卓越したデッサン力にあり、特に動物の絵に現れている。国芳も猫好きであったが、暁斎も庭にさまざまな動物を飼い、熱心に写生していた。

彼の描くネズミやコウモリなどが曲芸をする絵はどれもユーモラスでおもしろい。
明治維新のさなかの1831年に生まれた暁斎の絵には、文明開化によって現れた電信柱や蒸気船、暁斎の門人であったジョサイヤ・コンドルをはじめとする外国人の姿も多く描かれており、文明開化に踊らされる愚かな人間たちを笑い飛ばすような、人間の内面をえぐりとった風俗も数多く戯画化しているのが、さらにおもしろいところである。

現在、Bunkamuraザ・ミュージアムで暁斎の展覧会を開催している。本書とともに、世界が認めた暁斎=狂斎の画力の凄さをご覧頂きたい。

【書籍情報】
『反骨の画家河鍋暁斎』
著者:狩野博幸、河鍋楠美
版元:新潮社
214×151mm/126ページ
発刊:2010年7月
価格:1,500円

【展覧会情報】
「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力」
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1地下1階
会期:2月23日~4月16日※会期中無休
時間:10:00~19:00(金・土曜日は21:00まで、入場は閉館の30分前まで)
料金:一般1,400円(団体1,200円)、大学・高校生1,000円(団体800円)、中学・小学生 700円(団体500円)
《NADiff》
  • 『反骨の画家河鍋暁斎』 狩野博幸、河鍋楠美
  • 『反骨の画家河鍋暁斎』 狩野博幸、河鍋楠美
  • 『反骨の画家河鍋暁斎』 狩野博幸、河鍋楠美

特集

page top