彫刻家アルベルト・ジャコメッティの大回顧展「ジャコメッティ展」開催

Art Art

マーグ財団美術館の中庭に立つジャコメッティ
  • マーグ財団美術館の中庭に立つジャコメッティ
  • マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《女=スプーン》 1926/27年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《鼻》 1947年 ブロンズ、針金、ロープ、鉄 大阪新美術館建設準備室
  • アルベルト・ジャコメッティ《小像》 1946/80年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《大きな像(女:レオーニ)》 1947年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《3人の男のグループ(3人の歩く男たち)》 1948/49年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《林間の空地、広場、9人の人物》 1950年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
フランスで活躍した彫刻家であるアルベルト・ジャコメッティの没後半世紀を経た大回顧展「ジャコメッティ展」が、6月14日から9月4日まで、東京・六本木の国立新美術館にて開催される。

スイスで生まれ、フランスで活躍した20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家のひとりであるアルベルト・ジェコメッティは、1935年からモデルに向き合いつつ、身体を線のように長く引き伸ばす独自のスタイルとなるまったく新しい彫刻を創出した。見ることと造ることのあいだでの葛藤しながら、虚飾を取り去った人間の本質に迫ろうとする特異な造形は、実存主義や現象学の文脈でも評価された。

同展では、南フランスのマーグ財団美術館のコレクションを中心とした彫刻家ジャコメッティの大回顧展となっており、初期から晩年までの彫刻、油彩、素描、版画など、選りすぐりの約135点もの作品が出品される予定だ。

なお、国立新美術館展示後は10月14日から12月24日まで愛知・豊田市の豊田市美術館にて愛知展が開催される。

【展覧会情報】
「国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展」
会期:6月14日~9月4日
開場:国立新美術館 企画展示室1E
住所:東京都港区六本木7-22-2
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで、入場は閉館30分前まで)
休館日:毎週火曜日
観覧料金:一般1,600円(1,400円)、大学生1,200円(1,000円)、高校生800円(600円)、小学生以下無料
※( )は前売り料金、20名以上の団体料金


*作家名(アルベルト・ジャコメッティ)、作品名、制作年、素材、所蔵館、クレジットは各画像ごとに記載
《HEW》
  • マーグ財団美術館の中庭に立つジャコメッティ
  • マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《女=スプーン》 1926/27年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《鼻》 1947年 ブロンズ、針金、ロープ、鉄 大阪新美術館建設準備室
  • アルベルト・ジャコメッティ《小像》 1946/80年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《大きな像(女:レオーニ)》 1947年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《3人の男のグループ(3人の歩く男たち)》 1948/49年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《林間の空地、広場、9人の人物》 1950年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《犬、猫、絵画》 1954年 リトグラフ、ヴェランアルシュ紙 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《犬》 1951年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《ディエゴ》 1949年 鉛筆、紙 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《ディエゴの胸像》 1954年 ブロンズ 豊田市美術館
  • アルベルト・ジャコメッティ《ヴェネツィアの女I》 1956年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《歩く男I》 1960年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • アルベルト・ジャコメッティ《歩く男I》 1960年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス

特集

page top