フェンディがVIPのための“ザ・ハッピー・ルーム”を「デザイン・マイアミ」で発表

Life Life

「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
フェンディ(FENDI)が、米マイアミで11月30日から12月4日まで開催されたデザインフェア「デザイン・マイアミ 2016(Design Miami 2016)」にて、クリスティーナ・チェレスティーノ(Cristina Celestino)とコラボした家具コレクション「ザ・ハッピー・ルーム(THE HAPPY ROOM)」を発表した。

クリスティーナ・チェレスティーノは、初の巡回VIPルーム用の家具コレクションを考案した。50年代イタリアン・デザインを連想させるソフトで淡い色合いの組み合わせ、そしてシンプルな量感と丸みのあるスタイルが目を引く同コレクションは、ローマのイタリア文明宮の特徴的なアーチなど、フェンディのアイコニックな要素をもいくつか取り入れている。

特筆すべきは、クリスティーナ・チェレスティーノがフェンディのために初めて挑戦した、樹脂による特殊なファー加工“エテレ(Etere)”だ。1971年にフェンディが発表したファーケープ「アストゥッチョ(Astuccio)」を想起させるレットアウト技法を用いたファーのパネルが、ミラー付きの大きな衝立スクリーンにあしらわれている。対照的な素材を交互に用いたことで立体感が生まれて印象も変化している。
《原田@HEW》
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」
  • 「ザ・ハッピー・ルーム」

特集

page top