写真家・深瀬昌久が溺愛した猫“サスケ”を撮りためた『Afterword』刊行

Art Art

『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
写真家の深瀬昌久による愛猫“サスケ”を題材とした新作写真集『Afterword』が、roshin booksより11月15日に出版される。

愛猫家として知られ、生前に『ビバ!サスケ』『サスケ!!いとしき猫よ』『猫の麦わら帽子』といった3冊の猫を題材とする写真集を出版していた深瀬。今回は、そのうちの『サスケ!!いとしき猫よ』の巻末に収録されていた“サスケ日誌”に添えられていた作品で製作された写真集を発売する。

深瀬が妻との離婚後に溺愛し、3冊もの写真集を出版することになったサスケは、アラーキーのチロちゃんと並ぶほど写真界では有名な題材。しかし、実はこのサスケは2代目で、最初に写真家の高梨豊から譲りうけた初代サスケは、当時住んでいた家の大家さんの意地悪のせいか深瀬の留守中にこつ然と消えてしまったという。そこで深瀬が捜索願いの張り紙を四方八方に張り巡らしたところ「これはサスケではないか」という連絡があり、深瀬はお礼のウイスキーを用意してサスケを待ち受けていた。しかし、深瀬の前に表れたのは初代より少し不細工な違う子猫だった。しかし、深瀬はそれをサスケと呼び、どこへ行くにも連れ回すようになったそうだ。

今回は、そんなサスケを題材にした“サスケ日誌”のための写真原稿であるL伴サイズの小さな写真とそこに添えられていた深瀬の手書きのテキストをもとにした写真集を製作した。デザイナーには加藤勝也、プリンティングディレクターには熊倉桂三を起用。装丁は猫の毛並みを意識した手触りで、小口にはまるで猫の爪研ぎのごとくざくっとした裁断が施された。

プレオーダー開始2週間時点で900部のうち700部は、既に世界中の書店と、個人への直売で売約済み。日本での取り扱いは、roshin booksオフィシャルサイト(http://www.roshinbooks.com/afterword.html)をはじめ、shashasha、代官山蔦屋書店、青山ブックセンター、ブラインドブッ クス、ホホホ座など。
《HEW》
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久
  • 『Afterword』深瀬昌久

特集

page top