山本耀司の本質に迫る「画と機 山本耀司・朝倉優佳」展が開催、未発表絵画や彫刻を公開

Fashion Fashion

山本耀司の魅力と本質に迫る「画と機 山本耀司・朝倉優佳」が開催
  • 山本耀司の魅力と本質に迫る「画と機 山本耀司・朝倉優佳」が開催
  • 山本耀司の魅力と本質に迫る「画と機 山本耀司・朝倉優佳」が開催
  • 山本耀司の魅力と本質に迫る「画と機 山本耀司・朝倉優佳」が開催
  • 山本耀司の魅力と本質に迫る「画と機 山本耀司・朝倉優佳」が開催
デザイナー・山本耀司の魅力と本質に迫る展覧会「画と機 山本耀司・朝倉優佳」が、12月10日から17年3月12日まで東京・新宿の東京オペラシティ アートギャラリーにて開催される。

近頃、絵画とのコラボレーション作品を積極的に展開している山本耀司。今回開催される展覧会のタイトル「画と機」は、そんな山本の希望により、編集工学者の松岡正剛が考えた。「画」は絵画を、「機」は「はずみ」や「機会」、「機織(服)」を意味しており、この二文字は関係性を表し、絵画とファッション、二次元と三次元、男と女など、反発しながらも惹かれ合い、互いに逃れられないような、創造の根源に触れる危険な関係を暴き出す。

同展では、40年以上のキャリアを経て今なお斬新なクリエーションを展開する山本の魅力と本質に迫る。会場には、同展のために山本が制作した絵画や彫刻などを展示。通常とは異なる異形ボディのマネキンが、思い思いの着方で服をまとって並ぶ空間は、ファッション展のイメージを持って来た人の期待をものの見事に裏切る。また、16SSメンズ&ウィメンズコレクションから数シーズンに渡り、ヨウジヤマモトとのコラボレーションピースを発表してきた若手画家の朝倉優佳の作品も展示。「画と機」の衝突、融合、失望、対立、刹那、交替、憧憬、永遠の現場を体感できる機会となっている。

【展覧会情報】
「画と機 山本耀司・朝倉優佳」
会場:東京オペラシティ アートギャラリー
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2
会期:12月10日~17年3月12日
時間:11:00~19:00(金・土曜日は20:00まで、入場は閉場の30分前まで)
料金:一般1,200円、高大生800円、中学生以下無料
《HEW》
  • 山本耀司の魅力と本質に迫る「画と機 山本耀司・朝倉優佳」が開催
  • 山本耀司の魅力と本質に迫る「画と機 山本耀司・朝倉優佳」が開催
  • 山本耀司の魅力と本質に迫る「画と機 山本耀司・朝倉優佳」が開催
  • 山本耀司の魅力と本質に迫る「画と機 山本耀司・朝倉優佳」が開催

特集

page top