新宿のビームス ジャパンに100%掛け流しの「ビームスの足湯」が1ヶ月限定で出現!

Life Life

新宿のビームス ジャパンに100%掛け流しの「ビームスの足湯」が出現
  • 新宿のビームス ジャパンに100%掛け流しの「ビームスの足湯」が出現
  • 新宿のビームス ジャパンに100%掛け流しの「ビームスの足湯」が出現
  • 「温泉ハイスタンダード 極楽地獄別府」のロゴを配したオリジナルの手ぬぐいをプレゼント※イメージ
ビームス(BEAMS)が11月1日から30日まで、東京・新宿のビームス ジャパン1階にて大分県別府市との協業による「BEAMS EYE on BEPPU」プロジェクトを実施する。

同プロジェクトは11月の毎週末、ビームス ジャパンに別府市から運ばれる源泉100%掛け流しの「ビームスの足湯」を設置するというもの。店内にて実際にこの足湯を体験した人には、コンテンツとユニークなネーミングで話題の別府市観光ウェブサイト「温泉ハイスタンダード 極楽地獄別府」のロゴを配したオリジナルの手ぬぐいがプレゼントされる。

なお、別府市では01年より、8つの温泉郷・別府八湯を中心とした温泉を巡る体験型イベント「別府八湯温泉道」を開催しており、146湯あるイベント参加施設のうち88箇所で入湯すると「温泉道名人」に認定してくれる。認定には公式スタンプ帳“スパポート”に88箇所のスタンプを集めることが条件となっており、今回「ビームスの足湯」が開催期間限定で「別府八湯温泉道」の対象施設となることが決定した。

また、会期中にはビームス ジャパンにて、別府の地場産業に着目してビームスがセレクトした商品も販売。伝統的工芸品である別府竹細工のかごやアクセサリーなどの雑貨の他、石鹸やシャンプーなどの温泉にまつわるものや、別府土産の代表格である“ざぼん”や“かぼす”のお菓子などが展開される。さらに、明礬温泉と同じ効能を持つ天然入浴剤「湯の花」も販売される他、店頭では町とアートのつなぎ手として別府市を拠点に活動するNPO法人BEPPU PROJECTによる入手困難なフリーペーパー『旅手帖 beppu』も配布される。
《HEW》
  • 新宿のビームス ジャパンに100%掛け流しの「ビームスの足湯」が出現
  • 新宿のビームス ジャパンに100%掛け流しの「ビームスの足湯」が出現
  • 「温泉ハイスタンダード 極楽地獄別府」のロゴを配したオリジナルの手ぬぐいをプレゼント※イメージ

特集

page top