10周年を迎えるミキオサカベ、銀座のコンセントでバイヤー湯沢由貴子とポップアップ!

Fashion Fashion

ミキオ サカベがコンセントのカラーであるイエローをイメージして仕上げた特別別注アイテム(3万円)
  • ミキオ サカベがコンセントのカラーであるイエローをイメージして仕上げた特別別注アイテム(3万円)
  • CONCENTO PARIS H.P.FRANCE 銀座店
  • ミキオ サカベデザイナーの坂部三樹郎
ミキオサカベ(MIKIO SAKABE)が10月24日から11月1日まで、パリ在住のバイヤー湯沢由貴子とのコラボレーションによるポップアップショップをコンセント パリ アッシュ・ペー・フランス(CONCENTO PARIS H.P.FRANCE)銀座店のプロモーションスペースにオープンする。

ポップアップショップでは、今や東京を代表するブランドとなったミキオサカベの16-17AWコレクションのアイテムを販売する他、10月17日からの東京コレクションで発表される17SSコレクションを展示。また、ミキオサカベがコンセントのカラーであるイエローをイメージして仕上げた特別別注アイテム(3万円)や、ミキオ サカベの1stコレクションでデザインされたアクセサリーなども販売。さらに、同じく10周年を迎えるヘヴンタヌディレージャ(HEAVENTANUDIREDJA)も参加し、ヴィンテージ材料を使用したハンドメイドの限定アイテムも販売する。

コンセント パリ アッシュ・ペー・フランスのバイイングを担当する湯沢由貴子は、「パリのベルギー大使館で行われていたミキオサカベの1回目のコレクションの発表は、インポート世代で育った自身の発想を大きく覆すものでした。少しぎらっ、とひかる別珍の長いラペルのジャケットがとても美しく、その場で買い付けを決心したのを覚えています。あとからアントワープの王立芸術学院を首席で出られた、と聞いて納得。それから毎シーズン、日本のカルチャーを彼の鋭い洞察力で見つめたフィロソフィーに基づくコレクションテーマは、まさに日本の若者文化を物語ってきた歴史といえるのではないでしょうか。 コンセントにとってのミキオサカベは、それがまさにBUYER’SEYEと掛け合わさって、一つ一つのピースを厳選し、そしてお客様に買っていただく、という現象の10年間でした。ミキオサカベとコンセントといった一見、異なった要素がどうして10年もの間、続いてきたのか。そんな疑問も含めて検証してみていただければ、と思っています」と語っている。
《HEW》
  • ミキオ サカベがコンセントのカラーであるイエローをイメージして仕上げた特別別注アイテム(3万円)
  • CONCENTO PARIS H.P.FRANCE 銀座店
  • ミキオ サカベデザイナーの坂部三樹郎

特集

page top