アートから食まで、“保存”をテーマにした体験型企画展「保存展」が池袋パルコで開催!

Design Design

「PARCO DESIGN MUSEUM」
  • 「PARCO DESIGN MUSEUM」
  • 新世界『透明標本』
  • 冨田伊織
  • piika
  • 松崎順一
  • 中里恭宏
  • RANSEN はなれ
  • 吉田愛
デザインを楽しみながら学ぶ体験型企画展「PARCO DESIGN MUSEUM『保存展』」が、10月21日から30日まで池袋パルコ本館7階のパルコミュージアムにて開催される。

インテリアとデザインを軸に活動するアッシュ・ペー・フランス BATOMA(場と間)のプロデュースによって開催される本展では、旬なデザインテーマを掲げながら、テーマに特化した展示やワークショップなどの体験型コンテンツを実施する。

デザインテーマは“保存”。コレクターによるモノの保存や食材の保存、アーティストが作品にする保存など、一言に言っても“保存”には様々な意味合いが存在する。同展では、そんな保存のあり方を「アート」「コレクション」「食」の3つの切り口で紹介。「アート」では学術的な標本をアートに昇華させた美しくも不思議な「透明標本」を、「コレクション」では4名のコレクターがそれぞれ偏愛する「マック」「中古家具」「標本」「酒瓶」を、「食」では“少数民族の保存”や“発酵”を切り口に様々な保存の在り方を紹介する。

また、会期中はコレクションされた標本を顕微鏡で見るなど、展示物に触れられるワークショップも開催。その他、日本発酵文化協会代表理事の横山貴子によるセミナーや、“保存”をテーマに集められた商品を取り扱うミュージアムショップなども行われる。

参加のクリエーターは、透明標本作家の冨田伊織、家電蒐集家・Retrofitterでデザインアンダーグランドを主宰する松崎順一、高円寺にあるアンティーク&ヴィンテージショップのピィカ(piika)、Arche’ologieブランドディレクターの中里恭宏。会場構成は建築家の吉田愛が手がける。

【イベント情報】
PARCO DESIGN MUSEUM「保存展」
会場:パルコミュージアム
住所:東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋パルコ本館7階
会期:10月21日~30日
時間:10:00~21:00(10月30日は18:00まで)
入場無料
会期中無休
《HEW》
  • 「PARCO DESIGN MUSEUM」
  • 新世界『透明標本』
  • 冨田伊織
  • piika
  • 松崎順一
  • 中里恭宏
  • RANSEN はなれ
  • 吉田愛
  • 横山貴子
  • デザインを楽しみながら学ぶ体験型企画展「PARCO DESIGN MUSEUM」が開催

特集

page top