六本木にアートの新施設「complex665」開業。小山登美夫ギャラリー、タカ・イシイギャラリーなどが入居

Art Art

Mika Ninagawa, Light of, 2015, C-print mounted on Plexiglas,frame
  • Mika Ninagawa, Light of, 2015, C-print mounted on Plexiglas,frame
  • 「complex665」外観イメージビジュアル
  • 作家名:小林正人 Masato Kobayashi 作品タイトル: Unnamed #56, 2016, oil, canvas, wooden frame
  • Sterling Ruby, VERT. RED., 2016
  • Ei Arakawa in collaboration with Dan Poston, Stefan Tcherepnin, How to DISappear in America: The Museical, 2016
六本木アートナイト初日の10月21日、東京・六本木に新たなアートスポットとして商業施設「complex665」がオープンする。地上3階建ての施設内には、小山登美夫ギャラリーとシュウゴアーツ、タカ・イシイギャラリーがそれぞれ新スペースをオープンさせる。

03年の六本木ヒルズの開業を皮切りに、森美術館、国立新美術館、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHTと東京を代表する多彩な美術館が続々と開館し、今や文化発信地とも言えるほどの地区となっている六本木。今回そんな六本木に新たに建設されたビル「complex665」内に、小山登美夫ギャラリー、シュウゴアーツ、タカ・イシイギャラリーがそれぞれオープンするスペースでは、オープニング展としてギャラリーアーティストによる新作及び未発表作品の展示が行われる。

ムトカ建築事務所が内装設計を行った小山登美夫ギャラリーの新スペースでは、12月3日まで蜷川実花の個展「Light of 」を開催。青木淳建築計画事務所が内装を手掛けたシュウゴアーツは、12月4日まで小林正人による「Thrice Upon A Time」が行われる。

また、ブロードビーンが内装設計を担当したタカ・イシイギャラリーでは、11月19日までオープニング展「Inaugural Exhibition: MOVED」を開催。同展には、荒川医、荒木経惟、トーマス・デマンド、エルムグリーン&ドラッグセット、ルーク・ファウラー、マリオ・ガルシア・トレス、五木田智央、畠山直哉、法貴信也、伊藤存、木村友紀、クサナギシンペイ、前田征紀、森山大道、村瀬恭子、シルケ・オットー・ナップ、スターリング・ルビー、竹村京、登山博文、ケリス・ウィン・エヴァンスらが参加する予定だ。
《HEW》
  • Mika Ninagawa, Light of, 2015, C-print mounted on Plexiglas,frame
  • 「complex665」外観イメージビジュアル
  • 作家名:小林正人 Masato Kobayashi 作品タイトル: Unnamed #56, 2016, oil, canvas, wooden frame
  • Sterling Ruby, VERT. RED., 2016
  • Ei Arakawa in collaboration with Dan Poston, Stefan Tcherepnin, How to DISappear in America: The Museical, 2016

特集

page top