アレキサンダー ワン、ストリートカルチャーの作法を現代へアップデート【2016-17秋冬メンズ】

Fashion Collection

アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)が2016秋冬メンズコレクションを発売する。

個性という概念を重視しながらも、ユースカルチャーと密接な関係にある仲間と群れをなす族的なアティチュードを捉えた同コレクション。洗練された部分と抜け感のバランスを保ちながら、現代版強烈な“パワードレッシング”をコンセプトにしたアイテムの数々が展開される。

定番アイテムのロングオーバーコートやフィールドジャケット、フーディー、フランネルシャツはラグジュアリーな素材でアップデートされ、平凡なTシャツとあわせて日常着のような着こなしを提案。緩いシェープのシルエットにレイヤードしたテキストや、リミックスしたロゴをプリントしたアイテムが多く登場する。“Mot for Drugs”、“Best High You Can Buy”、“Strict”、“Girls Girls Girls”といった激しいフレーズを刺繍などで大胆に装飾するだけでなく、ジャケットの内ポケットなどわざと目立たない場所に施すことで無礼な感受性を表現している。

キーアイテムとなるのは、コクーンシルエットでオーバーサイズなシルエットにブラッシュドウールの素材でアップデートしたオールアメリカンなデニムジャケットや、ローハイドのパッチポケットがアクセントのシアリングのジャケットなど。16SSコレクションに続き、フードの紐をボーロータイにしたベビーウェイトのスウェットのフーディーなども登場する。

なお、今シーズンでは初めてT by Alexander Wangとレディトゥウェアをミックスしたスタイリングでルックブックが制作された。
《HEW》
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション
  • アレキサンダー ワン16AWメンズコレクション

特集

page top