三越伊勢丹、アトレ品川へ“食”の新業態「FOOD&TIME ISETAN」を今秋オープン。ブルーボトルも出店

Life Life

「過ごす・暮らす・学ぶ(カフェ・雑貨・書籍)」※パースはイメージ
  • 「過ごす・暮らす・学ぶ(カフェ・雑貨・書籍)」※パースはイメージ
  • 「作る(青果・畜産・水産)」※パースはイメージ
  • 「嗜む(リカー・ワインバー・菓子・デリ)」※パースはイメージ
  • 「食べる(フードコート)」 ※パースはイメージ
株式会社三越伊勢丹ホールディングスの食品子会社である三越伊勢丹フードサービスが今秋、東京・品川にあるアトレ品川に「FOOD&TIME ISETAN」をオープンする。

FOOD&TIME ISETANは食に関する専門性と、食から広がるライフスタイルを提案する発信型ライフスタイルストアで、ニーズに合わせて「嗜む(リカー・ワインバー・菓子・デリ)」「作る(青果・畜産・水産)」「食べる(フードコート)」「過ごす・暮らす・学ぶ(カフェ・雑貨・書籍)」の4つのエリアで構成されており、時間帯に応じて異なるサービスを提供していく。

施設内の各エリアにおいて、「嗜む・作る」エリアでは鮮度感、ライブ感、清潔感でクオリティーの高い商品を提供するスーパーマーケット・クイーンズ伊勢丹が、「食べる」エリアには、1933年創業の本格はベーカリーであるブランジェ浅野屋、フレッシュな食材とハンドメイドにこだわって、クイックでヘルシーなメキシカンフードが味わえるグズマンイーゴメズ(Guzman y Gomez)、クラフトビールからカルチャーを発信するビアバー・アンテナアメリカ(Antenna America)などがオープンを予定している。「過ごす・暮らす・学ぶ」エリアでは2015年2月に日本初上陸したカフェ・ブルーボトルコーヒーがオープン予定となっているほか、三越伊勢丹グループがセレクトしたコスメ、雑貨、食と親和性の高い書籍も取り扱う計画。

なお、プロデューサーは柴田陽子、デザイナーは谷尻誠と吉田愛の建築設計事務所 サポーズデザインオフィスが務める。
《HEW》
  • 「過ごす・暮らす・学ぶ(カフェ・雑貨・書籍)」※パースはイメージ
  • 「作る(青果・畜産・水産)」※パースはイメージ
  • 「嗜む(リカー・ワインバー・菓子・デリ)」※パースはイメージ
  • 「食べる(フードコート)」 ※パースはイメージ

特集

page top