【サスティナブルな社会科見学】 江戸時代から愛される吉野杉のふるさとで原木市と製材所を訪ねる。循環する木の物語--vol.2

Eco Eco

吉野の原木市
  • 吉野の原木市
  • 木の木目を見ると、その時何があったのかがある程度わかるという
  • 原木市に並ぶ木々
  • この木は1枚板のカウンターとしても使える立派なもの
  • 「木取り」の作業。切る前にこの木の特徴を目利きし用途を決めてから切る
  • 「木取り」の作業。切る前にこの木の特徴を目利きし用途を決めてから切る
  • 「木取り」の作業。切る前にこの木の特徴を目利きし用途を決めてから切る
  • 「木取り」の作業。切る前にこの木の特徴を目利きし用途を決めてから切る
「循環する木の物語」を求めて奈良は吉野の里へ。今回は、「吉野貯木のまち」を訪ねた。近鉄線「大和上市駅」から吉野川の鉄橋を越えると東西に広がる2kmの間に38軒の製材所が集まる、そこが製材団地となっている。

■競りが行われる原木市場へ

やってきたのは上吉野木材共同組合の原木市。吉野には2ヶ所に原木市があるという。大型クレーンががっしり大木をつかむ様に圧倒されながら、山守の中井章太さん(中神木材)から案内を受ける。

原木市が行われるのは月に2回。県内外の製材所から100人以上が参加し、その様子は築地の競りさながらだそう。欲しい木があれば指数字で値段を伝え、振り子と呼ばれる進行係が決定してゆく。この振り子さん、指数字を瞬時に読み取ったり、事前に原木を目利きしてよい物から順番に並べたりと、相当の力量が必要な仕事であるようだ。

yoshino
原木市に並ぶ木々


■吉野木材の歴史を聞く

500年の歴史を誇る吉野木材。室町時代に人工植林されたのをはじまりに、その後、豊臣秀吉が大阪城や伏見城を建設する際に吉野を領有し、吉野杉を使ったとされる。

吉野杉がブランド化したのはなんと江戸時代。もともとは酒を入れる樽や木桶にふさわしい杉にするために、「目が詰まってまっすぐな香りのよい杉」を育てるために試行錯誤が繰り返されてきた。木を樽の側板になるよう、ゆるいカーブをもたせた板を「樽丸」といい、樽丸は組み立てる前に酒処である灘や伏見に送られた。この樽丸はすさまじい人気で、1年で100万樽、約200年間この人気が続いたという。この頃から吉野杉は質の高い素材として支持されてきた。

■いざ、製材所へ!

今回、訪ねたのは38軒ある製材所のうちの一つ、吉野中央木材株式会社。

まず、この「吉野貯木のまち」の歴史を振り返ると、貯木場が出来たのは昭和14年。それまで吉野川を通じて和歌山に吉野材を水運輸送したものの、経済的なうまみはすべて和歌山に落ちるということから、県営の貯木場の建設が始まったという歴史背景を持つ。

吉野貯木場の全盛期には貯木に使う池を3つも備え、なんと山側には木材を運ぶための貨物列車まで通っていたとか。戦後の住宅建設がピークになった昭和30年代には130軒もの製材所が並んでいたというが、今では、池も埋め立てられ、貨物列車は昭和30年代中盤で自動車の発達により廃線になってしまった。

yoshino
「木取り」の作業。切る前にこの木の特徴を目利きし用途を決めてから切る


■熟練の技を間近で見る

吉野中央材木の従業員は16人。その全員が木の木目や品質の目利きが出来るという。「どの作業においても、木の魅力を活かすために目利きが必要なんです」と専務取締役の石橋輝一さん。

どう木取りをすれば最大限にこの木の魅力が現れるのか、ムダが出ないのかを見極めてストーリーを練る熟練の技を必要とする作業だ。

目立てに要する時間はなんと半日。板前さんが包丁を研ぐように、木取りの命である帯ノコの切れ味は、職人さんの確かな目立ての腕によって支えられえている。

yoshino
「半世紀も使っている機械がある目立て工房。製材に使う帯ノコを手作業で手入れ、調整する場所だ


木材と共にある時間軸はここでも長い。木取りのあと半年から1年、人工乾燥または自然乾燥される。そこで出た反りや歪みを正すために引きなおし、ようやくまっすぐの美しい形になるのだ。いくつもの季節を経て、吉野の木々は使い手の元に渡る。

■若い力、木への誇り、受け継ぐ心、つなげる情熱

林業は木の価格下落で縮小し、製材所もかつてより100軒近く減ってしまった吉野貯木のまち。先人からの知恵や恵みを受け継ぎ、林業のまちと栄えた吉野はどうなってしまうのだろうか。

よそ者が心配するのと裏腹に、石橋さんの製材所にかける情熱はまっすぐ未来に向けられている。同世代である30代の2代目、3代目も誕生し、「貯木のまちあるき」というイベントの開催や、フリー冊子「ちょぼくブック」の配布など、新しい試みを見つけている。

「僕たちの仕事は商品に合わせて木を切るのではなく、その木の持ち味をみながら分解していく。つまり引き算していくのであって、これがなかなか難しいですね(笑)」。吉野の暮らしと共にある木々の営みのように、じっくりと受け継がれていく技と熱意が宿った仕事を学ばせてもらった。

次回は吉野杉の木桶をつかった「木桶仕込み」のお酒をこの吉野で復活させた酒蔵を訪ねる。

【製材所情報】
奈良県吉野郡吉野町橘屋57
TEL0746-32-2181
http://www.homarewood.co.jp/
《和田安代》
  • 吉野の原木市
  • 木の木目を見ると、その時何があったのかがある程度わかるという
  • 原木市に並ぶ木々
  • この木は1枚板のカウンターとしても使える立派なもの
  • 「木取り」の作業。切る前にこの木の特徴を目利きし用途を決めてから切る
  • 「木取り」の作業。切る前にこの木の特徴を目利きし用途を決めてから切る
  • 「木取り」の作業。切る前にこの木の特徴を目利きし用途を決めてから切る
  • 「木取り」の作業。切る前にこの木の特徴を目利きし用途を決めてから切る
  • この製材所に生まれ、子どもの頃から材木に登って遊んでいたという石橋さん
  • 半世紀も使っている機械がある目立て工房。製材に使う帯ノコを手作業で手入れ、調整する場所だ
  • 目立てに欠かせない道具たち
  • 最近は機械で自動調整することも多い帯ノコの歯を、ここでは手作業で行う
  • 乾燥後引きなおした吉野杉の最終形がこの美しさ!
  • 製材所で時を待つ木々

特集

page top