ポール・スミスの世界最大級の旗艦店が六本木にオープン

Fashion Fashion

ポール・スミス六本木店
  • ポール・スミス六本木店
  • 六本木店外観
  • アートウォールにはポール・スミスのコレクションが並ぶ
  • 23mに及ぶアートウォール
  • 23mに及ぶアートウォールには272点の額縁が並ぶ
  • テーラーリングのスペースにはカラーブロックの壁面でポップに
  • ルイス・バラガンをイメージさせる階段のカラーと家具が随所に
  • 1970年にポール・スミスがノッティンガムにオープンした最初の店舗の面積を再現したポップアップスペース「キューブ」
ポール・スミス(Paul Smith)の世界最大級となるフラッグシップショップが六本木に4月29日オープンした。東京ミッドタウンの向かい、秋にオープンするバーニーズ ニューヨークの並びで、外苑東通りに面した新店舗はワンフロア150坪でメンズ、ウィメンズのフルラインを展開。国内では表参道のポール・スミス スペース(3層170坪)、丸の内店(2層140坪)に次いで3店舗のフルラインナップの店舗となり、ワンフロアの展開としては国内最大となる。

店内中央のフロアには3×3と呼ばれるスチールで囲われたキューブ型スペースが設置され、シーズンに応じてポップアップイベントが行われる。オープニング時は六本木店限定のRロゴのTシャツなど限定アイテムを展開。このキューブはポール・スミスが1970年に英国ノッティンガムに最初の店舗を持ったときの大きさで、これまでロンドンのドーバーストリートマーケットでのポップアップとして展開されていたが、ポール・スミスの店舗に設けられたのは初めて。

店内には旗艦店最大となる23メートルのアートウォールが設けられ、ポール・スミス自身が選んだ絵やポスター、レコード、ポストカードなど272点の額が掛けられ、ポール自身が制作したのではと思われる自転車のタイヤチューブをアーカイブしたアッサンブラージュも展示されている。

店内の什器はポール・スミス本人が収集したミッドセンチュリーモダンの椅子などが置かれ、一枚板のテーブル什器はロンドンのアルバマールストリートの店舗とこの六本木店だけ。店内奥のメンズテーラードゾーンの壁面のカラーブロックは英国の壁紙をカットして貼られており、エントランスの床にはオランダのイザベル・スミーツ(Isabelle Smeets)のコラージュタイルの作品が埋め込まれるなど、ポール自身が提唱するハンドメイドタッチが随所にあしらわれている。

Text:野田達哉
《野田達哉》
  • ポール・スミス六本木店
  • 六本木店外観
  • アートウォールにはポール・スミスのコレクションが並ぶ
  • 23mに及ぶアートウォール
  • 23mに及ぶアートウォールには272点の額縁が並ぶ
  • テーラーリングのスペースにはカラーブロックの壁面でポップに
  • ルイス・バラガンをイメージさせる階段のカラーと家具が随所に
  • 1970年にポール・スミスがノッティンガムにオープンした最初の店舗の面積を再現したポップアップスペース「キューブ」
  • アートウォールにさりげなく飾られた自転車のチューブの断片のオブジェ、ポールはデザイナーを志す前に自転車レーサーを目指していたことで知られる

特集

page top