日本橋三越で「美味しいイタリア展」開催。ミシュラン一ツ星シェフの赤海老パスタ、最優秀切り売りピッツァも!

Life Life

ピッツァリウム × アルターイオの「ローマ風切り売りピッツァ」
  • ピッツァリウム × アルターイオの「ローマ風切り売りピッツァ」
  • Bye Bye Blues × SALONE 2007の「赤海老のパスタ」(写真は盛り付けイメージ)
  • 会場ではバールデルソーネのカプチーノを味わうことができる
  • チェラミケ・ディ ・シチーリアの陶器
日本橋三越本店本館、新館7階催物会場では4月13日より、イタリアングルメを中心に紹介する「三越イタリア展」を開催する。

会場では、太陽と地中海の恵みをたっぷり受けて育ったイタリア・シチリア島を中心としたグルメを紹介。イートインコーナーでは、シチリア島のパレルモ郊外にあるミシュラン一ツ星の名店、バイバイブルース(Bye Bye Blues)のオーナーシェフであるパトリッツィア ディ ベネディットが来場し、同店で修行経験のある横浜の名店、SALONE 2007のシェフを務める樋口敬洋とタッグを組み、魚介類にこだわった料理を提供。「赤エビのパスタ」、「カジキマグロのインボルティーノ」、「イワシとジャガイモのティンバッロ」など、海の幸と太陽の恵みが美味しいシチリア料理を味わうことができる。

また、イタリアの格付けグルメ本『ガンベロ・ロッソ イタリア ピッツァガイド2014』で最優秀ピッツァターリオ(切り売りピッツァ店)に輝いたピッツァリウムのオーナー、ガブリエレ・ポンチも来場し、かつてポンチに師事したというピッツァ アルターイオの嶋岡圭吾と共に焼き立てピッツァを実演販売する。ローマ風切り売りピッツァの「カラフルプチトマトとパルマ産生ハム、リコッタチーズのピザ」(1カット650円)、「ローマのブロッコリーとグアンチャーレ、九州産タケノコのピザ」(1カット650円)など。

このほか、イタリアの魅力を存分に味わえるアイテムも発売される。シチリア陶器の代表格であるチェラミケ・ディ・シチーリアからは、シチリアの太陽を感じさせる鮮やかで楽しい柄とデザインの陶器を発売。「タイル」(5,000円)、「ピッコロ・ガーリックポット」(7,000円)、「シュガー・粉チーズ・塩入れ」(6,000円)などが紹介される。

なお、同展は本館7階会場は4月21日まで、新館7階会場は4月18日まで開催する。
《HEW》
  • ピッツァリウム × アルターイオの「ローマ風切り売りピッツァ」
  • Bye Bye Blues × SALONE 2007の「赤海老のパスタ」(写真は盛り付けイメージ)
  • 会場ではバールデルソーネのカプチーノを味わうことができる
  • チェラミケ・ディ ・シチーリアの陶器

特集

page top