鳥取砂丘の砂でドレスを作った「モルタルマジック」--リトゥン山縣さんと故郷・鳥取を訪ねる【鳥取の旅 vol.4】

Fashion Fashion

鳥取砂丘の砂で覆われた下駄は、水木しげるが描いた鬼太郎へのオマージュ
  • 鳥取砂丘の砂で覆われた下駄は、水木しげるが描いた鬼太郎へのオマージュ
  • 3月30日までは、表参道の同潤館ROCKETで「 gege」のインスタレーションが行われた
  • 生と死が一所に集まったかのようなインスタレーション
  • 鳥取県境港市にある水木ロードでは、至るところに鬼太郎のキャラクターが見られる
  • 鳥取県境港市にある水木ロードでは、至るところに鬼太郎のキャラクターが見られる
  • 鳥取県境港市にある水木ロードでは、至るところに鬼太郎のキャラクターが見られる
  • モルタルマジックの前には、ずらりとモアイ像が並んでいる
  • モルタルマジックの池原さん
3月16日に表参道ヒルズでリトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)、リトゥンバイ(written by)が行ったコレクション「gege」でフロントローに砂にまみれた骸骨が座っていた。

この骸骨をはじめ、ラストルックで小松菜奈をモデルに披露された砂のドレスの制作を行ったのが鳥取市にあるモルタルマジック株式会社。FASHION HEADLINEでは、まだ寒さも残る2月下旬にデザイナーの山縣良和さんと共にモルタルマジックを訪ねた。

鳥取と聞いて、まず思い浮かべる光景は“砂丘”という人もいることだろう。鳥取市にあるモルタルマジックでは、鳥取砂丘の砂(国立公園外)を使ったモアイ像や鬼太郎フィギュア等を数多く商品化している。このモルタルとは、セメントに水を入れて練ったもので、煉瓦を積み上げる際のパテのように左官に使われることも多い素材。実際にモルタルマジックに足を運ぶと、砂で出来たモアイがずらりと並んで迎えてくれた。

gege
鳥取砂丘の砂で骸骨に加工を施したモルタルマジックを訪ねる山縣良和さん


ショーのフロントローに座るだけでなく、3月30日まで同潤館ROCKETで開催されたインスタレーション「gege」でも壁面に生々しい野菜や花々と共に飾られていた砂丘の砂に覆われた骸骨模型。究極の陰ともいえる死を象徴する骸骨を、どこかユーモラスに表現していたのが印象的。と同時に、我々の世界がいつも生と死が隣り合わせにあることを束の間思い出させてくれるようでもあった。

gege
この骸骨は1体約15キロの砂丘の砂を使い、約20時間かけて制作された


■鳥取を愛し、愛された漫画家・水木しげる

先月行われたファッションショーのタイトル「gege」とは、鳥取の言葉で“下の下”つまり、最下位や、鳥取の方言で驚く様を表現する言葉。また、今回山縣さんがオマージュを捧げた鳥取育ちの漫画家・水木しげるさんの幼いころのあだ名でもあるという。

「gege」では水木しげるさんが生涯に渡って描き続けていた“妖怪”がテーマになっている。地元鳥取の人々にとって「水木先生は鳥取の宝だと思う」とモルタルマジックの代表取締役・池原正樹さん。確かに、水木さんが子供時代を送った鳥取県境港市には「水木ロード」という道がある。ここでは、軒を連ねる店々に留まらず、橋の欄干、街灯、マンホールなども、すべて水木さんの描いたキャラクターという水木ファンの聖地のような場所がある。どれほど地元の人々に水木さんが愛され、慕われているかを感じる光景の一つだろう。

gege
水木ロードでは鬼太郎に登場するキャラクターたちが、橋の欄干など随所に現れる


■鳥取砂丘の砂を一面につかったドレスを作る

ショーのラストを飾った砂かけばばぁを連想させる砂のドレス。のそりのそり砂のドレスを纏ってラストルックを歩いたのは小松菜奈さん。エレガントなシルエットとは裏腹に、湿った重みを感じさせるこのドレスを作るにあたっては、鳥取砂丘の砂を被覆した生地を全体に採用している。このドレスをはじめ、ショーに際し、鳥取の砂を用いたブローチ、下駄などの制作にあたったモルタルマジックの代表取締役・池原正樹さんに話を聞いた。上京して間近にショーを見ていた池原さんは、小松さんが砂のドレスを着用して歩く姿に「これまで、土産物という視点で砂の商品を開発してきたけれど、砂という素材は、まだまだいろんなジャンルに可能性があると感じた」と語ってくれた。

gege
gegeのラストルックは、小松菜奈さんが纏った砂のドレス


今回、砂をテキスタイルに付着させることで、これまで目にしたことのない新鮮なファッションを制作したモルタルマジック。今後は砂丘の砂を使ったモアイ像や鬼太郎などのユニークな造形の砂フィギュアに留まらず、JAXAの資金援助を受け、宇宙の惑星の砂を使った物づくりにもチャレンジしようとしている。砂の可能性はここまであるのかと感じると共に、素材が引き出すファッションの可能性を目の当たりにさせてくれたコラボレーションだった。
《Shigematsu Yuka》
  • 鳥取砂丘の砂で覆われた下駄は、水木しげるが描いた鬼太郎へのオマージュ
  • 3月30日までは、表参道の同潤館ROCKETで「 gege」のインスタレーションが行われた
  • 生と死が一所に集まったかのようなインスタレーション
  • 鳥取県境港市にある水木ロードでは、至るところに鬼太郎のキャラクターが見られる
  • 鳥取県境港市にある水木ロードでは、至るところに鬼太郎のキャラクターが見られる
  • 鳥取県境港市にある水木ロードでは、至るところに鬼太郎のキャラクターが見られる
  • モルタルマジックの前には、ずらりとモアイ像が並んでいる
  • モルタルマジックの池原さん
  • テキスタイルの打ち合わせをする山縣さんと池原さん
  • 鳥取砂丘の砂を使ったブローチは、「gege」のショーの中にも登場した
  • 2月末に訪ねたモルタルマジックには、ずらりと骸骨模型が並んでいた
  • 2月末に訪ねたモルタルマジックには、ずらりと骸骨模型が並んでいた
  • 鳥取砂丘の砂で覆われた骸骨
  • 鳥取砂丘の砂で覆われた骸骨
  • モルタルマジックでは、池原さんの娘さんがモデルになって歩くシーンも
  • 「gege」のラストルックを飾ったのは小松菜奈をモデルにした鳥取砂丘の砂を用いたドレス
  • 「gege」のラストルックを飾ったのは小松菜奈をモデルにした鳥取砂丘の砂を用いたドレス

特集

page top