巨匠フランシス・F・コッポラが手掛ける、ワインを楽しむグルメイベント開催

Life Life

東京・品川の「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」で、「テイスト オブ タパタイザー」が8月24日に開催!
  • 東京・品川の「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」で、「テイスト オブ タパタイザー」が8月24日に開催!
  • 映画界の巨匠フランシス・フォード・コッポラが手掛けるワイナリー「フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー」。
  • 映画界の巨匠フランシス・フォード・コッポラが手掛けるワイナリー「フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー」。
東京・品川の「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」で、オリジナルサービス「Tapa-tizers タパタイザー®」をブッフェ形式で楽しめる「Taste of Tapa-tizers (テイスト オブ タパタイザー)」を8月24日(月)に開催する。

「Tapa-tizers タパタイザー®」は、タパスとアペタイザーを組み合わせたディナーコースメニューの前菜サービスで、冷菜や温物、スープから成る15種類もの多彩でバラエティに富んだ内容で提供される。今年2月に「ザ・ダイニング ルーム」独自のサービスとして商標登録された。

今回、第2回目となる「Taste of Tapa-tizers (テイスト オブ タパタイザー)」は、ブッフェ形式で前菜を楽しみながら、映画界の巨匠フランシス・フォード・コッポラが手掛けるワイナリー「フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー」のワインフリーフローと、ソムリエ渋谷 康弘氏によるワイントークが楽しめる募集参加型のワインメーカーズディナーとなっている。料金は、8,000円 (税・サービス料込)。

『ゴッドファーザー』シリーズ、『ワン・フロム・ザ・ハート』などで世界中にファンを持つ、いわずと知れた名映画監督フランシス・フォード・コッポラ。そのワイナリーは、アメリカ、カルフォルニア州のナパ・ヴァレーにある。ワイン造りのきっかけは、かつてニーバム・エステートと呼ばれたカリフォルニア・ワインにとって歴史的な土地の一部を、コッポラが購入したことにはじまる。以来、カリフォルニアワインに敬意を払いながら、ワイン造りを続けている。

「Taste of Tapa-tizers(テイスト オブ タパタイザー)」では、「フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー」が生み出す数々の優れたワインの中でも、監督が娘のソフィアの結婚のお祝いとして造ったことで知られる銘柄で、華やかでロマンティックなパッケージが印象的な「フランシス・コッポラ・ソフィア」のスパークリングから始まる。

続いて、「コッポラ・ロッソ&ビアンコ」(白)、「フランシス・フォード・コッポラ・ヴォトル・サンテ」(赤)、「フランシス・コッポラ・ダイヤモンド・コレクション」(白)、「フランシス・フォード・コッポラ・ディレクターズ・カット」(赤)の4銘柄をフリーフローで楽しめる。映画と同じように彼の夢と情熱で造り上げられたワインをこの機会に堪能してみてはいかがだろうか。

イベントでは、カリフォルニアワインにいち早く注目し、その普及に貢献してきたソムリエ渋谷 康弘氏のナビゲートによる同ワイナリーやワインについてのトークも聞ける。

女子会、同僚との懇親、恋人と、またワイン好き、そしてフランシス・フォード・コッポラの映画ファンにもぜひ注目してもらいたいイベントだ。

巨匠コッポラ監督が手掛けるワインを楽しむグルメイベント開催!

《text:Miwa Ogata》
  • 東京・品川の「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」で、「テイスト オブ タパタイザー」が8月24日に開催!
  • 映画界の巨匠フランシス・フォード・コッポラが手掛けるワイナリー「フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー」。
  • 映画界の巨匠フランシス・フォード・コッポラが手掛けるワイナリー「フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー」。

特集

page top