伊勢丹メンズで“香水エディター”フレデリック・マルの香水が人気上昇中

Fashion Fashion

フレデリック・マルが12人の調香師と共に開発した香りも紹介
  • フレデリック・マルが12人の調香師と共に開発した香りも紹介
  • フレデリック・マルのオードトワレ「オー・ドゥ・マグノリア」
  • フレデリック・マルが12人の調香師と共に開発した香りも紹介
伊勢丹メンズ館1階で「エディション・ドゥ・パルファン フレデリック・マル(EDITIONS DE PARFUMS FREDERIC MALLE)」がフィーチャーされている。

EDITIONS DE PARFUMS FREDERIC MALLEは、生まれながらにして優れた嗅覚を持ち、“香水のエディター”として活躍してきたフレデリック・マルが、2000年にパリで立ち上げたブランド。

「エディション(編集)」という言葉を用いている理由は、文学界における出版物のように、香水という一つひとつのクリエーションに、作者(調香師)の名前をサインするからだ。

創業13年目の2013年には、「エディション・ドゥ・パルファン フレデリック・マル」のコレクションは、12人の調香師による19の作品によって構成され、フランスの高級香水業界において誰もが認める存在にまで上り詰めていた。

そして14年、透明感あるフレッシュな香りの「オー・ドゥ・マグノリア」(2万8,080円)が20本目の新作として誕生。手掛けたのはカルロス・ベナイム。これまでにも数多くの名香を世に送り出してきた調香師だ。伊勢丹メンズ館では、この新作を含むすべてのラインアップをそろえる。
《松本玲子》
  • フレデリック・マルが12人の調香師と共に開発した香りも紹介
  • フレデリック・マルのオードトワレ「オー・ドゥ・マグノリア」
  • フレデリック・マルが12人の調香師と共に開発した香りも紹介

特集

page top