Purple編集長オリヴィエ・ザームの刺激的な日常を収めた写真集発売

Fashion Fashion

オリヴィエ・ザーム 写真集「OLIVIER ZAHM DIARY」
  • オリヴィエ・ザーム 写真集「OLIVIER ZAHM DIARY」
  • オリヴィエ・ザーム 写真集「OLIVIER ZAHM DIARY」
  • オリヴィエ・ザーム 写真集「OLIVIER ZAHM DIARY」
  • オリヴィエ・ザーム 写真集「OLIVIER ZAHM DIARY」
オリヴィエ・ザーム(Olivier zahm)は、同氏の自伝的な写真集『OLIVIER ZAHM DIARY』を9月9日にリッゾーリ(Rizzoli)社より発売する。

オリヴィエは「Art forum」や「Flash Art」のアート評論家として活動。アーティスティックディレクターとして、PS1コンテンポラリーアートセンターやパリ市立近代美術館、ポンピドゥーセンターでキュレーションを手掛けた。その後、1992年にインディペントマガジン『Purple』を創刊。自由で刺激的な発想は当時のファッション誌界に多大な影響を与え、90年代を通して急成長を遂げた。

04年以降はフォトグラファーとして雑誌などで活躍し、写真展も開催している。また、「イヴ サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」などのファッションブランドでアーティスティック・ディレクターとしても活動しており、アートやファッションなどのジャンルを超えてマルチな才能を発揮している。

その写真には、オリヴィエの破天荒かつ刺激的な世界観が収められている。パリを始めニューヨーク、ロサンゼルスなどエキサイティングな場所で出会ったモデルやクリエーター、アーティスト、セレブリティ達が被写体として登場。リンジー・ローハン(Lindsay Lohan)やケイト・モス(Kate Moss)、ジェレミー・スコット(Jeremy Scott)、森山大道など、クリエーティブな才能達とオリヴィエとの交友関係を、写真を通して垣間見ることができる。

今回、数多くの写真の中から、オリヴィエ自身が数百のイメージを厳選。608ページからなる写真集が完成した。また、ドナティアン・グラウ(Donatien Grau)、グレン・オブライエン(Glenn O’Brien)、ジェフ・ライアン(Jeff Rian)のテキストが引用され、オリヴィエのクリエーティブマインドに独自の視点が加えられている。価格は8,982円。
《HEW》
  • オリヴィエ・ザーム 写真集「OLIVIER ZAHM DIARY」
  • オリヴィエ・ザーム 写真集「OLIVIER ZAHM DIARY」
  • オリヴィエ・ザーム 写真集「OLIVIER ZAHM DIARY」
  • オリヴィエ・ザーム 写真集「OLIVIER ZAHM DIARY」

特集

page top